無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 夕暮れ時 | トップページ | てくてくと »

12-1=12? もしくは勲章

「げんきなマドレーヌ」

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

絵・文   ルドウィッヒ・ベーメルマンス
       (Ludwig Bemelmans)
訳     瀬田貞二
出版社  福音館書店

パリの寄宿学校に12人の女の子が暮らしています。

そのなかでいちばんのおちびさんのマドレーヌは
ねずみも、どうぶつえんのとらも怖くない、とっても勇敢な女の子。

そのマドレーヌがある夜、盲腸炎になって
さあ大変!

このブログで8月14日に
「アーサー王の剣」をご紹介しましたが、
その訳者である
灰島かりさんの講演で
この絵本の魅力を知りました。

マドレーヌが入院すると、
12人-1人で、寄宿舎に残っている
女の子は11人のはず。

でも、絵本を見ていくと、
マドレーヌが入院中なのに
12人の子どもがいる絵が!

どのページかは本を読んでのお楽しみ。

灰島さんのお話では、
子どもの人数が変わっていること、
マドレーヌの髪型が変わること、
など、絵本の常識を覆しちゃってる本とのこと。

物語が楽しいのはもちろんのこと、
パリの町並みをうまく織り込んでいて、
大人も子どもも楽しめる、おしゃれな絵本です。

翻訳は「指輪物語」などの訳者として
有名な瀬田貞二さん。考え抜かれた訳だそう。

そして、こちらも灰島さんのお勧め。

「三びきのやぎのがらがらどん」
(ノルウェーの昔話)

三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

絵      マーシャ・ブラウン(Marcia Brown)
訳      瀬田貞二
出版社      福音館書店

未読なので、楽しみです。

<今日のひとこと>

マドレーヌは
盲腸炎の手術の傷あとをお見舞いにきた
寄宿舎のお友達に披露。
お友達はうらやましくてしょうがありません。

私も去年、足を怪我して、縫った痕が小さくあります。
(上手に縫ってくれて、先生、ありがとう!)

それを知った友人、知人は、
「傷痕見せて」「私も縫ったことがある」と
大騒ぎ。傷痕を見せ合う羽目に。

傷痕は手術に耐えた勲章、なんですね。

« 夕暮れ時 | トップページ | てくてくと »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12-1=12? もしくは勲章:

« 夕暮れ時 | トップページ | てくてくと »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30