無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« セレンディピティ、そして酒 | トップページ | あんな波、こんな波 »

興奮の出会い、そして Pop Star!

「フロー体験 喜びの現象学」

フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)

著者   M.チクセントミハイ
訳者   今村浩明
出版社  世界思想社

以前から気になっていた本。
今年になってから読みました。

5月24日の日記には、
「これまでに読んだ本の中で
一番いい本じゃないだろうか?」とさえ書いている。

著者が「フロー」とよぶ状態(喜び、創造、生活への
深い没入過程などの例を著者は挙げている)に
入ることで、人は幸福を感じるという。

著者のチクセントミハイ氏は心理学者。博学で、
さまざまな角度から「フロー」について論じている。
その博学ぶりと観察力の鋭さに圧倒された。

私にはとうていその概要を説明できないのですが、
読んでいる間、鳥肌が立つほどの、
そして涙が出るほどの高揚感を覚えました。

「仕事を通して生活の質を高めるには、
二つの補足的戦略が必要である。一つは
仕事はできるだけフロー活動---狩りをする、
小屋を作る、手術をするなどのように---に
似せるよう設計し直さねばならない。しかしまた、
挑戦の機会を認識し、能力を磨き、達成可能な
目標を設定できるよう人々を訓練することによって、
セラフィーナやジョーや丁のような自己目的的な
パーソナリティを発達させるように手助けする
ことも必要である。これらの戦略の一つだけが
仕事をより楽しいものにするとは思えない。
両者がそろうことにより、それらは最適経験に
大きく貢献するのである。」

本文で300ページありますが、
読む価値大!今日、ページを繰ってみて、
足元を見直すきっかけになりました。

お勧めです。

自分の好きな映画や本を取り上げてるんだから、
お勧めなのは当然か。

<今日のひとこと>

平井堅さんの"Pop Star"がお気に入り。

ちょっと切ない気持ちにさせます。

こういう感情の起伏が苦手でしたが、
それもいいものかもしれないと
思うようになりました。大人になったか?

« セレンディピティ、そして酒 | トップページ | あんな波、こんな波 »

音楽」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ヤスミンさん、おはようございます。

私も何度か読み返しました。著者が博学すぎる…

さすが鋭い!何であれ起きたことを幸運とするか不運とするかは自分の対応次第だと最近、思うようになりました。

挑戦もリスクも、今に集中して少しずつすすめれば、
気づかぬうちにいつか山を越えているかもしれない。

私から見れば、
ヤスミンさんは挑戦&リスクに果敢に取り組んでます!

この本、半分くらい読みました。
一気に読むだけの理解力がないのでボチボチですが(^^;先日の、「偶然はそれを受け入れる準備ができた精神に云々」というのとも関係あるかな?と感じました。

「挑戦」とか「リスクを負う」っていうのは最近の私のテーマのひとつです。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 興奮の出会い、そして Pop Star!:

« セレンディピティ、そして酒 | トップページ | あんな波、こんな波 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30