無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 走る! | トップページ | 楽園にジャンプ! »

美しすぎる装丁

「美しすぎる場所」

著者  佐野洋子/中野孝次/田中りえ 他
発行  扶桑社
初版  1991年1月

J-WAVEで放送された、旅にまつわるエッセイを
まとめた本。いろんな方のいろんな旅の思い出が
つまっているはず、です。

というのも、私が読んだのは
最初に出てくる佐野洋子さんの
6つのエッセイだけだから。

ずっと昔に買ったのに
読むのがもったいなくて
まだ読んでいないというこの矛盾。

「私が飛行機に近づくべき努力を
したのではなく、飛行機の方が私に
じりじりと近づいて来たのである。
誰でも飛行機にのれる時代に
なりはじめていた。」
(佐野洋子「エア・プレン」)

時代は変わり、人は大人になる。
切ない気持ちにさせる文章です。

旅情、という言葉がふさわしい本、
のようです。

とにかく、装丁(正しくは「訂」らしいです)が美しい。
飛行機から撮影したと思われる
茜色に染まった空が広がっています。

装丁の隅っこに、
Vince Streano/PPS とあります。
きっと撮影した方ですね。

お見せできなくて、残念。

これをきっかけに読んでみますか、
もったいないけど。

その他の著者は、
三木卓、西丸震哉、鈴木布美子、原田宗典、黒田恭一、
辻邦生、中沢けい、池澤夏樹、青木冨貴子、霜田恵美子、
中原裕、桑原一世、竹野雅人、山川健一、堀田あけみ、
島田雅彦、金井美恵子、日野啓三、増田れい子、枝川公一といった
そうそうたるみなさまです。

<今日のひとこと>

ヨガの日。ものすごく集中できて、感動です。
アサナ(ポーズ)はまだまだですが、
それはお許しいただくとして。

Take a deep breath!と
自分に言い聞かせる日々。

さて、映画にしろ本にしろ、
一日一作品を紹介するっていうのは
大変なことですね。

継続のためにやり方を考えよう。

« 走る! | トップページ | 楽園にジャンプ! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しすぎる装丁:

« 走る! | トップページ | 楽園にジャンプ! »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30