無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 花の物語 | トップページ | ストーリーテラー、そしてこのごろの流行? »

「コード・ブルー」再び

「コード・ブルー
外科研修医 緊急コール」

コード・ブルー―外科研修医救急コール

著者  アトゥール・ガワンデ
訳者  小田嶋由美子
発行  医学評論社

一昨日の続きです。
昨日、読み終えました。

現代の医療問題がほぼカバーされています。
日本の現状にも当てはまることが多々あり。

臨場感溢れる文章や
抑制の効いた文章で、ほろりとさせられたり、
考えさせられたり、感動したり。

これからお医者さんになる人にはもちろん、
病院にかかる人全てに、
つまり、ありとあらゆる人に再度、お勧めです。

「自分が病院で受けた処置にはこういう
意味があったのか!」と、医学的に納得する部分もあり。

そういう意味でもためになりました。

作家が医者ほどの知識を得るのと、
医者が自分で書くのとどっちが手っ取り早いかというと、
当然、後者か。

しかし、アウトサイダーの視点も大事。

<今日のひとこと>

物をあまり増やさないようにしています。

が!、かわいいものや美しいものをみると
欲しくなる。そして、持ち歩く荷物も
多いのです、移動時に飽きないように。

見るだけで楽しめるのが目標です。

« 花の物語 | トップページ | ストーリーテラー、そしてこのごろの流行? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コード・ブルー」再び:

« 花の物語 | トップページ | ストーリーテラー、そしてこのごろの流行? »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30