無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Nana Mouskouri | トップページ | 手仕事 »

そして読みました

「その日暮らし」

その日暮らし

著者  森まゆみ
発行  みすず書房

「今は意志のある、思うようにならない
子どもに育っている。ごはんにしよう、といっても、
一人はテレビ漫画が佳境に入っている。
一人は寝ころがって小説を読んでいる。
一人は野球の試合のあとで泥だらけだから
先に風呂に入りたい、と足並がそろわないので、
私一人が台所で立ち往生する。しかたない、
先に冷やで一杯やるか、と待たされる。
その昔、ごはんよ、と呼んでもなかなか
二階から降りてこない子どもたちにいら立って、
フライパンの裏を叩いていた母を思いだす。」

(「家族というチェイスドラマ」より)

「『その日暮らし』とはハンド・トゥ・マウスの意味ではない。
たしかに、江戸人の末裔である私は、宵越しの金を
持たない気性は多分に持っているが、むしろ、未来の
ために現在を犠牲にしない生活をさす。
『始終何物かに策うたれて駆られて』
(森鴎外『妄想』)生きるのは嫌だ。
ローンのために働いたり、備蓄のために
物を買い占めたり、『いい学校』へと
子どもの尻をたたくのは嫌だ。その日食べる
だけのものを買い、友だちから借りもして、
簡潔に暮らしたい。長くて百年のはかない
いのちだからこそ。」

(「あとがき」より)

こちらのブログで紹介されていた本。
気になって、少し前に図書館で借りてきました。
今日やっと読み終えたところ。

著者は潔くさっぱりと、そして正直に
自分の生活(3人の子供を育て、かつ、
「谷中・根津・千駄木」の編集人として
お仕事をしている)や世の中の動き、
旅先での出来事について書き記している。

毎日忙しそうではあるが、
楽しそうでもあり、「ああ、全てが大変」と
嘆くわけでもなく、著者は腹が据わったお方だなと
感心するばかりです。

人の気質はさまざまで、あんな風になりたいと
思っても気質や気性が異なれば願いも虚しいことは
当然ですが、それでも、あこがれてしまいます。

私も簡潔に暮らしたいと思います。
言うは安く行うは難し、なのですが。

須賀敦子さんとの交流を記した
「笑顔の記憶」からは、須賀さんの作品からは
知りえない彼女の一面を垣間見ることができます。

<今日のひとこと>

幼児の言語習得能力に驚いた日。

そんなことはあまり考えたことはなかったけれど、
斉藤兆史氏の本を読んでからときどき
語学習得・学習について考えます。

« Nana Mouskouri | トップページ | 手仕事 »

」カテゴリの記事

コメント

ヤスミンさん、こんばんは。

この本の筆者もまだ「簡素な生活」を
模索中、という印象を受けました。

ということで、ヤスミンさんも(ついでに
私も)立派に著者と同じ方向に歩いている、
ということにしましょう。強引か?

目指せ!江戸時代のご隠居さん。
(私の「簡素」のイメージです。)

「簡素」を追求するプロセスで、自分に
とって何か大切かを問われ、余分な
モノや関係を取り除くことが要求される。
その結果、自分が鍛えられて腹が据わる。

どうでしょう、この解釈。これも強引かな?

簡素で簡潔な暮らし。。。したいです。
したい、と思ってる時点で、まだできてないわけですが(^^;私の理想。

>著者は腹が据わったお方だなと感心するばかりです。


そうですよね。
夏頃から「胆力」とか、「腹をすえて」という言葉に敏感になってますが、それが必要な時期がくるのかしら。。。

・・・ちょっとこわいけど~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そして読みました:

« Nana Mouskouri | トップページ | 手仕事 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30