無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Christmas Spirit | トップページ | Freezing cold! »

悩ましき英語の発音

英語の発音を確認するのに
私が使っているのは、

1)Longman Dictionary of
    Contemporary English 付属のCD
2)MSN Encarta (online dictionary)
3)Merriam-Webster (online dictionary)

英語の単語には知っていなければ
発音できないものが多くあります。
例外が多いということです。

だから難しく感じます。

フランス語ではそのようなことはないようです。
大学時代、フランス語の先生から
「フランス語の発音は難しくありません。
表記どおりに読めばいい」と教わりました。

別の意味で難しいとは思いましたが。

発音記号を耳と目で覚えていれば
問題ないのでしょうけれど、中学校や高校で英語の発音
記号について教わった記憶がありません。

記憶喪失なんでしょうか。

さて。

発音問題に悩み続けて
年月を重ねてきたわけですが、
現時点での結論は、

「日常的に英語を使う機会がないまま大人になった
日本人にとって、英語の発音が難しいのは当たり前」

という、身もふたもないものです。

英語の発音には例外が多いことに
加えて、日本語と英語では
発音が大きく異なります。

だから、「難しい」の2乗=「発音できない」
という公式がなりたってしまうのでは
ないかと思うのです。

もちろん、耳のよい人にとって
発音はそれほど大きな問題ではないかもしれませんが、
多くの人が「発音は苦手」と言うでしょう。

そして、問題は、
日本語式(ローマ字読み)で英語を
発音しても通じない、ということ。

日本語式の発音では、
v が b に、r が l になってしまうことが
多いのですが、残念ながらこれでは通じません。

私は学生時代、英語らしい発音すると、
「かっこつけてる」ようで恥ずかしいと思っていました。

しかし、今は、「恥ずかしい気持ちは
ひとまず脇に置いて発音してみて」と声を大にして
主張したい。アクセントにも気をつけて。

そして面倒でも発音を確認することをお勧めします。

外国の言葉なんだから、発音に違和感を
感じて当たり前。映画で台詞をまねしてもよし。
習うより慣れろ、です。

話は大きくなりましたが、
発音のお話。

<今日のひとこと>

私が子どもの頃から知っている野菜の行商を
しているおばさん。80歳近いはずだが、
今もリヤカーを引いている。

そして、ラーメン屋さんのおじさんも
相変わらず原付で配達している。

元気に働くことが若さと長生きの秘訣とみたり。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,739.52
為替レート(対ドル、午後5時)     90.50-53円

出典:  日経ネット  日本銀行

« Christmas Spirit | トップページ | Freezing cold! »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましき英語の発音:

« Christmas Spirit | トップページ | Freezing cold! »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30