無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 交通事故に遭ったら | トップページ | Happy Holidays! »

交通事故に遭ったら②

交通事故について相談できる
機関について追加しておきます。

私が利用したのは
県の交通事故相談所でした。
予約制で弁護士立会いの
相談も行っています。

その他に、
日弁連交通事故相談センター
  全国各地にあります。
○日弁連交通事故相談センターは
 電話相談も行っています。
○交通安全協会も
  無料の交通事故相談を行っています。
  (静岡県の交通安全協会はこちら
交通事故紛争処理センター
  相談を受け付け、和解の斡旋してくれます。

  *情報はホームページや電話でご確認ください。

私の場合、過失割合(事故の責任の割合)で
争う必要がなかったので、その点については楽でした。

ただ、事故後しばらくはショックが続きましたし、
事故直後の相手方の保険会社の説明がわかりにくかった
(「保険証を使うか使わないかの問題」)
ことから、不信の気持ちが強くなっていました。

保険会社の人は事故の相手の代理をしている
だけで、私もそれを承知していました。
しかし、なかなか冷静にはなれませんでした。

専門知識を有する第三者に相談することは
冷静さを取り戻す機会になりました。
本当にありがたい制度です。

そして、ありがたいといえば、家族、
友人の支えは忘れることができません。

医療面で助けてくれたのは救急隊員・病院であり、
実務の上で助けてくれたのは相談窓口。
気持ちを助けてくれたのは家族と友人でした。

私が入院した救急救命センターには
重症の患者さんが多く、緊張感が漂っていました。
患者さんの脈拍などを知らせるモニターが
廊下に並んでいて、その電子音が気になり、
よく眠れない日が続きました。

しかし、お見舞いに来てくれた家族や友人の
おかげで気晴らしができましたし、電話で
話を聞いてくれた友人もいました。

私はこれまで「お見舞いは治療の邪魔になる」と考え、
お見舞いには行かない主義で通してきましたが、
「お見舞いが薬になる」ケースもあるんだ、と
認識を新たにしました。

 

まとまりがないものの、今日はこれまで。
交通事故については、役立ちそうな
情報を思い出したらブログに載せます。

<今日のひとこと>

体を動かした。少し動いただけで、
手足の先端が暖かくなった。
血液循環が改善したか?

« 交通事故に遭ったら | トップページ | Happy Holidays! »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故に遭ったら②:

« 交通事故に遭ったら | トップページ | Happy Holidays! »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30