無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Fine Day | トップページ | White and red »

food faddism

暮れから1月初旬まで
食べ過ぎました。
理性が働きませんねえ。

今は少し野菜を多くしたり、
間食を減らしたりして
元に戻りつつあるのですが、
なんとなく気になることが。

それは food faddism。
食べ物と健康・病気の関係を
過大視すること、だそうです。

Wikipedia に説明があります。
英語はこちら
日本語はこちら。

体にいいものを食べたい。
病気になりたくない。
食べ物で病気を治したい。

そんな風に考えるのは
自然なことで、むしろいいことかもしれない。
問題はそのそれが行き過ぎた場合。

それっぽい料理がおしゃれに盛られて
おしゃれな装丁の本に載っていたりすると、
「きっと体にいいに違いない」と
思ってしまったりするが、
本当に体にいいかはわからない。

もちろん、食べ物を変えることで
体調が変わることもあるでしょう。肉や
魚の食べすぎはよくないし、野菜が
少ないのもよくない。

ただ、こちらではAという食材を勧めているが、
あちらではAはだめ、むしろB、と言っている、
というように、よくわからないことが多くて
混乱することもあります。

私は「野菜多めで、贅沢なものはたまに、
でよろしい。高カロリーなものを摂り過ぎない。
とにかく食べ過ぎないこと」という
アバウトな考え方を基本としています。
ま、守れないこともありますが。

一方で、今の日本では贅沢な食事が
日常のものとなっている。「ケの日」「ハレの日」の
区別はなくなった。テレビや雑誌では高級食材や
豪華な食事がもてはやされすぎているきらいがある。

food faddism と healthy diet (健康な食事)の境界線は
それぞれがそれぞれの価値観にしたがって
決めるしかないでしょう。

その線引きが難しいのだけれど。

Amazon でいわゆる「自然派」のお菓子の本を
探していて、いろいろなレビューを読んだが、
多くの人が「体によくてお腹一杯食べても大丈夫」な
お菓子を探していることがわかって、
苦笑してしまった。

現代人の問題はおそらく「お腹一杯食べること」でしょう。
体にいいものでも食べ過ぎたらだめなんだよ~と
思ったりする。自分も、であるが。

いろんなことを学びつつ、
自分の体の調子を見つつ、
自分で選んでいくことが大切なんですね。

よくよく考えれば、
食も人生を構成する大切な要素だから、
人生のほかの要素と同じように
「自分にはなにがいいかな」と
時折考えることも必要なんでしょう。

体調が悪いとき、何かに頼りたくなることが
ありましたけれど、お医者さんから言われて
「なるほどな~」と感心したことがあります。

「何かを食べたり飲んだりして治るなら、
みんなもう治ってるでしょ。」

個人の体質や食べ物の組み合わせや、
外的環境、気持ちのありかたはさまざま。
何か一つの正解があれば本当に便利だけど、
そうはいかないみたいですね、今のところ。

食べることが好きだけど、
食べ過ぎると体調が悪い。(当然か。)
最近、こんなことを考えていたので、
今日は頭の整理をしてみました。

考え方はこれから変わることもあるかと
思いますけれど、今のところはこんな結論です。

ところで、faddism。手元にある和英辞典には
載っていませんでした。大きめの英英辞典では、
「一時的な流行に乗ること」とありました。

MSN ENCARTA では
こんな風な説明でした。
よろしければどうぞ。

<今日の1枚>

Rimg0398














まぶしすぎる朝日の中を歩きながらパチリ。

<今日の経済>

日経平均(終値)             7,682.14
為替レート(対ドル、午後5時)     88.61-64円

出典:  日経ネット  日本銀行

« Fine Day | トップページ | White and red »

写真」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082573/27487614

この記事へのトラックバック一覧です: food faddism:

« Fine Day | トップページ | White and red »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30