無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

Starbucks and Nike

「なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?」

なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?

著者   Scott Bedbury
訳者   土屋京子
発行   講談社

「ブランドのDNAを解読する手がかりは、
商品でもなく、過去の歴史でもなく、
モノでさえない。それは、中核顧客、
将来の顧客、従業員など大切な
人々にとって自社が何者であるかを
定義する本質や精神を探ることなのである。」

「わたしがこれまで聞いたことのある
マーケティングの定義で最高のものを紹介しよう。

   マーケティングとは、チャンスを活かし
   ピンチを乗り切るためにリソースを
   投入するプロセスである。」

ナイキとスターバックスでマーケティング
責任者を務めた著者が
「ブランド」について語っている。

巨大企業・ブランドの裏にも
生身の人間がいるんだな、という
当たり前のことを思い出した。

ブランド構築が成功するのは
それなりの理由があり、
失敗にもそれなりの理由がある。

ナイキ、スターバックス以外にも
巨大ブランド(ディズニー、マイクロソフト、
クライスラー、アップルなど)の戦略に
ついて分析していて、面白い。

ナイキの"Just Do It"の最初のスポットCMが
流れたのは1988年のこと。
この名コピー誕生の舞台裏も描かれている。

ブランド、コピー、広告は
単に商品(モノ・サービス)の見栄えを良くするための
ものではなく、「もともとある商品の価値を
理解し、その価値を表現するもの」といえそう。

ビジネス本だが、人生訓もあり。

「自己の本質を問われたとき、企業は
次のような根本的設問について徹底的に
考える以外にこれを乗り越える道はない。

①われわれの目標は何か
②将来どこへ到達し、どのような企業でありたいか
③そこへ到達できたら何をするのか
④何をもって成功とするか」

人にも応用できる考え方。

一気に読んでいます。今日読了の予定。

訳文にも注意して読みました。訳者の
土屋氏は『ワイルド・スワン』
『EQ~こころの知能指数』などの
訳も担当されています。

<今日のひとこと>

梅の花があちらこちらで咲いている。
今日はふきのとうを発見。
木の枝を見ると、芽吹きはもうすぐのよう。

The Three Little Pigs

"The Three Little Pigs"

The Three Little Pigs (Puffin Easy-to-Read, Level 2)

Publisher   Puffin

言わずと知れた
「3匹のこぶた」です。

文章は簡潔で、
短いし、リズムもよく
書かれています。

私が持っているのは
Addison-Wesley Publishing Co. という
出版社が出しているもの。

このシリーズは音声がCDでついているものも
あり、子どもに英語を聞かせたい方には
いいだろうな~と思います。

ミカサブックセンターの
ホームページ
では同シリーズの絵本を
紹介しています。ただ、CD付パックは
今日現在、出版社で在庫切れとのこと。
児童向けの英語教材・絵本を
多く扱っている本屋さんです。

さて、三匹のこぶた。

事前に
「ぶた」とか「おおかみ」とか
「家」などの単語を教えておけば、
子どもも理解できると思います。

なんといっても、話を知っていますから。

しかし!そこには意外な落とし穴が…

オオカミが1匹目、2匹目、3匹目と
こぶたのうちをノックすると
それぞれのこぶたが答えます。

「ゼッタイや~だよ」

英語の絵本では
"Not by the hair on my
chinny-chin-chin!"

とある英語のサイトによると、
"the hair on my chin" は
「あごひげ」のことで、
「自分のあごひげにかけて
いやだよ」という意味のようです。

研究社の大きな英和辞典には
この表現が見当たらず、きっちりした
語源の確認はできませんでした。

さて、ここからが本題。
その英語のサイトには注意書きが…
「日本語では違う意味があるので、
このフレーズをゼッタイ使ってはいけない。
(外国人教師が物語の読み聞かせで
この言葉を使うと)、保護者にも変な外人教師と
いう目で見られて、仕事が続けられなく
なる可能性がある」

えぇっ!!!

確かにこのフレーズを読むと
子どもたちは騒がしくなります。
(今、少人数の子どもに英語を教えています)
ただ、何回も読むと子どもたちも
どうでもよくなるようで、私にすれば
そこまで深刻な問題でもない気がします。

注意書きは投稿のようでしたが、
日本で児童英語教室を担当して
苦労した経験のある方が書いたんでしょうか。

先生、お疲れ様でした…

さて、そんな上品さのかけらもない話はさておき、
今日は夕暮れ時の写真を1枚。

Rimg0406














一日の終わりにいいものを見ました。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,106.29
為替レート(対ドル、午後5時)     89.15-18円

出典:  日経ネット  日本銀行

White and red

南天の木。白と赤。

こちらは白。
むしろピンクというべきか。

Rimg0405














そしてこちらが赤。

Rimg0403















冬に彩りを添えています。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,061.07
為替レート(対ドル、午後5時)     90.02-04円

出典:  日経ネット  日本銀行

food faddism

暮れから1月初旬まで
食べ過ぎました。
理性が働きませんねえ。

今は少し野菜を多くしたり、
間食を減らしたりして
元に戻りつつあるのですが、
なんとなく気になることが。

それは food faddism。
食べ物と健康・病気の関係を
過大視すること、だそうです。

Wikipedia に説明があります。
英語はこちら
日本語はこちら。

体にいいものを食べたい。
病気になりたくない。
食べ物で病気を治したい。

そんな風に考えるのは
自然なことで、むしろいいことかもしれない。
問題はそのそれが行き過ぎた場合。

それっぽい料理がおしゃれに盛られて
おしゃれな装丁の本に載っていたりすると、
「きっと体にいいに違いない」と
思ってしまったりするが、
本当に体にいいかはわからない。

もちろん、食べ物を変えることで
体調が変わることもあるでしょう。肉や
魚の食べすぎはよくないし、野菜が
少ないのもよくない。

ただ、こちらではAという食材を勧めているが、
あちらではAはだめ、むしろB、と言っている、
というように、よくわからないことが多くて
混乱することもあります。

私は「野菜多めで、贅沢なものはたまに、
でよろしい。高カロリーなものを摂り過ぎない。
とにかく食べ過ぎないこと」という
アバウトな考え方を基本としています。
ま、守れないこともありますが。

一方で、今の日本では贅沢な食事が
日常のものとなっている。「ケの日」「ハレの日」の
区別はなくなった。テレビや雑誌では高級食材や
豪華な食事がもてはやされすぎているきらいがある。

food faddism と healthy diet (健康な食事)の境界線は
それぞれがそれぞれの価値観にしたがって
決めるしかないでしょう。

その線引きが難しいのだけれど。

Amazon でいわゆる「自然派」のお菓子の本を
探していて、いろいろなレビューを読んだが、
多くの人が「体によくてお腹一杯食べても大丈夫」な
お菓子を探していることがわかって、
苦笑してしまった。

現代人の問題はおそらく「お腹一杯食べること」でしょう。
体にいいものでも食べ過ぎたらだめなんだよ~と
思ったりする。自分も、であるが。

いろんなことを学びつつ、
自分の体の調子を見つつ、
自分で選んでいくことが大切なんですね。

よくよく考えれば、
食も人生を構成する大切な要素だから、
人生のほかの要素と同じように
「自分にはなにがいいかな」と
時折考えることも必要なんでしょう。

体調が悪いとき、何かに頼りたくなることが
ありましたけれど、お医者さんから言われて
「なるほどな~」と感心したことがあります。

「何かを食べたり飲んだりして治るなら、
みんなもう治ってるでしょ。」

個人の体質や食べ物の組み合わせや、
外的環境、気持ちのありかたはさまざま。
何か一つの正解があれば本当に便利だけど、
そうはいかないみたいですね、今のところ。

食べることが好きだけど、
食べ過ぎると体調が悪い。(当然か。)
最近、こんなことを考えていたので、
今日は頭の整理をしてみました。

考え方はこれから変わることもあるかと
思いますけれど、今のところはこんな結論です。

ところで、faddism。手元にある和英辞典には
載っていませんでした。大きめの英英辞典では、
「一時的な流行に乗ること」とありました。

MSN ENCARTA では
こんな風な説明でした。
よろしければどうぞ。

<今日の1枚>

Rimg0398














まぶしすぎる朝日の中を歩きながらパチリ。

<今日の経済>

日経平均(終値)             7,682.14
為替レート(対ドル、午後5時)     88.61-64円

出典:  日経ネット  日本銀行

Fine Day

天気がよく、寒い一日でした。

午前中の空はまぶしいくらいでした。

Rimg0394


















別のアングルから。

Rimg0390


















水仙の花も咲いています。

Rimg0393


















朝の時間はいいですね。

人は夜寝るときに死んで、
朝起きるときに生まれ変わる、と何かで読みました。
そうかもしれないな、と思う。

<今日のひとこと>

昨日、ミスタードーナツの誘惑を振り切った自分への
ご褒美として、今日は手作り小麦まんじゅうを買いました。

近所のおばあさんが作っています。甘さも抑えてあり
おいしかった。手作り&素朴。素晴らしい。

水の泡、というのはこういうときに使う
言葉なんでしょうねえ。

Monkey and Pig

ちょっとお疲れ気味なので
絵本を読むことに。

「ろけっとこざる」

ろけっとこざる (岩波の子どもの本)

絵・文  H.A. レイ
翻訳   光吉夏弥
発行   岩波書店

原書のタイトルは

"Curious George Gets a Medal"
(知りたがりやのジョージ、メダルをもらう)

Curious George Gets a Medal (Curious George - Level 1)

Author   H.A. Rey

なんともやきもきさせるこざるです。

じょーじはきいろいぼうしのおじさんと
いっしょにすんでいます。おじさんが
るすのあいだにじょーじにてがみが
とどくのですが、じがよめません。

なのに、なぜかかくことはできるだろうと
かんがえて、いんくつぼをとりだしてきて
てがみをかこうとするのです。

そして、あんのじょう、いんくつぼを
ひっくりかえします。

気づけば絵本の影響でひらがなばかり。
大人ですから、ここからは漢字も使います。

絨毯の上にインクをひっくり返してしまって
さあ大変。じょーじはあわてて…

大騒ぎが起きることは想像に難くないのですが、
後半にはなぜかロケットに乗って
宇宙に行き、無事に帰還を遂げて
「宇宙ざる第一号」としてメダルをもらいます。

何度も読んで内容を知っているのに、
はらはらします。「も~、そんなことしちゃ
だめだよ~。ほらね~、だめっていったじゃん」と
落ち着かないことこの上なし。

ま、気分転換になりました。

じょーじはおさるですが、やることは
人間のこどもと大差なし。絵本の世界では
動物が人間のように振舞うものがたくさん
あり、それはそれでもちろんほほえましい
のですが、動物が人間のような
感性を持っていることが絵本の世界では
あたりまえ、っていうのは不思議な感じがします。

犬とネコを飼っている身としては
複雑です。犬が人間の子どものように
振舞うことがあり、かわいいけれど
なんとなく複雑。お腹を見せて寝ている姿を
見たりすると、「野性をなくすな!」と
説教をしたくなります。飼い犬だから仕方がないけど。

なんとなく話がずれてきましたが、
このまま軌道を離れます。

今日、読んでいた本に
「ブタに口紅をつけてやるようなものだ」という
表現がありました。企業がブランドのコンセプトを
理解しなければ、マーケティングは機能しない、
という文脈で。難しいですねえ。

英語では
"lipstick on a pig" Wikipedia のエントリー
よると、「表面的に飾っても、本質は
隠せない」という意味だそうで、
日本語で言う「ブタに真珠」とは違うようです。

で、気づきました。そういえば、この表現、
去年の米大統領選で話題になりました。
オバマ候補がマケイン共和党候補の政策を批判して
この表現を使ったところ、マケイン陣営が
ペイリン副大統領候補に対する侮辱だ!と
反撃したというもの。

侮辱だと騒ぐほうが侮辱にあたることは
世の中、ままありますね。

あ~、オバマ大統領のニュースから
離れるつもりだったのに、ぐるっと回って
昨日の話題に戻りましたとさ。

<今日のひとこと>

なんだかお腹が空いたな~と思うと
目に入るミスタードーナツの看板。
なんとか甘い誘惑を断ち切った。

罪なやつだ。

<今日の経済>

日経平均(終値)             7,745.25
為替レート(対ドル、午後5時)     88.32-35円

出典:  日経ネット  日本銀行

The party's over

"The party's over, and now the hard part"

22日付けの International Herald Tribune の
見出しです。「パーティーはおしまい、
難題に取り組むときがきた」という感じでしょうか。

新聞にはダンスをする大統領とミシェル夫人の
大きな写真が掲載されていました。
美しく、感動的な姿です。

初の黒人大統領。写真を見て、
日本人の私でさえ感慨を覚えました。
涙するアメリカ人が多いのも当然かもしれません。

White House のホームページ
新しくなりました。Obama大統領仕様。
見て楽しめる仕掛けが盛りだくさん。

歴代大統領の肖像画や写真を
見ることのできるスライドショーもあり。

しかし、the party's over.
早速、「大統領がグアンタナモ収容所の閉鎖を
命令する」との報道がありました。

世界はどう変わっていくんだろうか。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,051.74
為替レート(対ドル、午後5時)     89.32-35円

出典:  日経ネット  日本銀行

Obama Day

1月20日、オバマ氏が米国大統領に就任する。

関連の事柄をいくつか。

まず、大ヒット本。

生声CD付き [対訳] オバマ演説集

「オバマ演説集」

発行  朝日出版社

2008年11月20日に出版。
大統領戦が行われたのが、
11月4日。電光石火の出版です。

そして、関連する言葉をご紹介します。

president-elect  選挙で勝っても就任するまでは
           このタイトルです。日本語で言えば、
           「次期大統領」ですね。

inauguration       まさに「就任」。
          就任式もinauguration、もしくは
          inaugural ceremony。
          就任演説はinaugural address。

swearing-in      swear in で、「宣誓して職務に就く」
          という意味。swearing-in で、「宣誓」、
          swearing-in ceremony で「宣誓式」

transition team  「政権移行チーム」

歴史的な瞬間が近づいている。
大きな期待を背負って船出するオバマ氏。
これからの動きに注目したい。

一方で、日本は少し浮かれすぎのような気がする。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,065.79
為替レート(対ドル、午後5時)     90.41-43円

出典:  日経ネット  日本銀行

センター試験のなぜ(英語です)

1月17、18日にセンター試験が行われました。
英語の問題を解いてみて、なぞの傾向に気づく。

<その1>
"Did you know that Albert Einstein, the famous
physicist, (    ) meat?"

"Yes, if my memory serves, he became a strict
vegetarian one year before he died."

(   )内に入るのは、"stopped eating" です。

訳してみましょう。

「有名な物理学者のアルバート・アインシュタインって、
肉食を止めたって知ってた?」
「うん、私の記憶が正しければ、
アインシュタインは死ぬ一年前に
厳格な菜食主義者になったんだって。」

へ~、そうなんだ、と思う。

<その2>

Customer:  Could we have three tofu burgers,
                please?

Server: I'm sorry, we've sold out today.

Customer: That's too bad! Your tofu burgers are so
               delicious that I brought my friends with me
               so they coud try some.

Server: (   ) Wny not try the lotus root burgers, instead?
           If you don't like them, you don't have to pay.

(   )内は、I will tell you what.

客 「豆腐バーガーを3つください。」
店員「すみません、今日は売切れてしまいました。」
客「残念!ここの豆腐バーガーはとってもおいしいので、
  友だちにも食べてもらいたくて連れてきたんです。」
店員「いい考えがあります。かわりにレンコンバーガーを
   試すというのはいかがですか?もし気に入らなければ
   お代はけっこうです。」

豆腐バーガーに、レンコンバーガー。
ちょっと特殊な状況のような気がします。
照り焼きバーガーではいけなかったのかしら。

lotus = 蓮、root =根っこ、でレンコン。
この言葉がわからなくても問題は解けますが、
へ~、こんな言葉まで入試に出るのか、と
ちょっと驚きました。

<その3>

You should be careful about what you eat now,
because it is often said that you are what
you eat, which means: Everything (   )(   )(   )
(   )(   )(   )in the future.

(   )×6には、you eat will have some effect on your body

訳は、「食べ物には気をつけるべきである。
体は食べたものでできている、つまり、
口にしたもの全てが将来、体になんらかの
影響を与える、と言われているからである。」

そうですか。そうですよね。

その1から3をそれぞれ読むと、
へ~×3、で終わりますが、つなげて読むと、
菜食主義的な傾向が見え隠れ。

なぜ???うがった見方かしら???

マクロビオティックが流行る時代ですし、
時代を意識した問題作りなのか。
もしくは出題者にベジタリアンの方が
いらっしゃったのかも。

いずれにしても、
意外なところで幅広い知識?が
問われる受験生も大変です。ファイト!

ところで、ヨガの座法の一つである
蓮華座は lotus position と言います。
以前、ベトナム土産にハスのお茶を
いただき、「そんなものもお茶になるのか~」と
感心した記憶もあり。

それが私にとってのlotus。

文脈と切り離して単語を覚えようとするより、
日常とのかかわりの中で覚えるほうが
記憶に残りますね。

<今日のひとこと>

気温の高かった今日、
水仙の花や梅の花を見かける。

川津桜の時期ももうすぐ。

自然は確実に、
春に向けて動いている。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,256.85
為替レート(対ドル、午後5時)     90.62-63円

出典:  日経ネット  日本銀行

発音

quarrel (口げんか)、squirrel (りす)などの
発音は日本人にはなじみが薄い。

そこでアメリカ人に聞きました。

quar・rel や、squir・rel のように
二つに切って発音したらいい、とのこと。

発音はこちらでチェック!

練習、練習、と。

<今日の景色>

冬景色の川。
いいお天気でしたがRimg0385 、寒かった。
















<今日の経済>

日経平均(終値)             8,230.15
為替レート(対ドル、午後5時)     90.29-32円

出典:  日経ネット  日本銀行

読んでます

昨日見つけた
"Wizard of Oz"を読んでいます。

The Wonderful Wizard of Oz (Evergreen Classics)

あらすじは知っていたものの、
「へ~、こういう話だったのか」と
思う部分も。

さて、夕暮れ時の空を撮影。

Rimg0383














夕闇に浮かぶRimg0384 山。
















数年前の出来事。新横浜駅で、
新幹線に乗り込む若い女の子に向かって
おばさんらしき女性が声をかけた。

「泣いて過ごしても一日、
笑って過ごしても一日だよ。」

若い女の子には何か落ち込むような
ことがあったんだろう。励まし方がいい。

いい言葉を聞いた。

<今日のひとこと>

今日はあまり考えず、どんどん作業を進めようと
思っていたが、手ごわい課題にてこずる。
が、それも明日、仕上げてひとまず終了の予定。

<今日の経済>
,

日経平均(終値)             8,023.31
為替レート(対ドル、午後5時)     89.07-09円

出典:  日経ネット  日本銀行

Over the Rainbow

机の上になぜか中学生か高校生の時に
買った本が出ていました。なぜか、といっても
自分以外に出す人はいない。

それはともかく。

ぱらぱらとめくったその本は
"The Wizard of Oz(オズの魔法使い)"

The Wonderful Wizard of Oz (Evergreen Classics)

Author   Lyman Frank Baum

私が持っている本は
語学学習用に編集されたもの。
読んだ形跡なし、というのが寂しい。

ともあれ、そのつながりで
"Over the Rainbow"をYou Tube で聞きました。
こちらです。(音がでます)

キュートな歌声に感動の拍手が鳴り響きます。

映像は"Britain's Got Talent"より。
Paul Potts 氏を発掘したことで有名な番組です。
おまけにPaul Potts氏の歌声も。(音が出ます)

"Over the Rainbow"は映画のために書かれた曲で、
Dorothy 役を務めたJuly Garland が歌いました。
彼女の歌声はこちら。(音がでます。)字幕付きです。

最近思いついて感心したのですが、
rainbow はrain(雨)のbow(弓)なんですよね。
「雨のあとに空に広がる弓」が虹。

なんていいネーミングなんでしょうか。
そして、今までそれに気づかないなんて
なんて間抜けなんでしょうか。

こんな小さな発見もまた楽し。

<今日のひとこと>

沈みゆく太陽を追う夕闇。

Rimg0381














美しいですね。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,438.45
為替レート(対ドル、午後5時)     89.77-79円

出典:  日経ネット  日本銀行

タンゴを踊るには…

ある本を読んでいて
なかなか素敵な言い回しに出会いました。

It takes two to tango.

日本語では、
「両方に責任がある」ということ。
けんか両成敗、です。

It takes somthing to do~ で、
「~をするのに何か(時間、労力、勇気など)を
必要とする」という意味になる。

tango は「タンゴを踊る」という
動詞。自動詞です。

つまり、「タンゴを踊るには
二人必要」ということ。

読んでいた本では、
人間関係がうまくいくときにも
まずくなるときにも
責任が一方だけにあるということはない、
という趣旨で使われていました。

It takes two to make a quarrel
(喧嘩するには二人必要)よりも
ずっと気の効いた表現です。

内容だけではなく、表現でも楽しめる。
これこそ外国語で本を読む醍醐味。

さて、タンゴといえば
アルゼンチンタンゴ。
例えばPiazzollaなどいかがでしょうか。

Astor Piazzolla: El Tango

深い深いスリットの入った
ドレスでタンゴなど、とてもじゃないけれど
私にはできない… というわけで、音楽で
異国情緒を味わいます。

<今日のひとこと>

友人と少し話す。

自分自身を叱咤激励しすぎると
うまくいかないという話。

そうか!私が食べすぎだと
思っているのに食べすぎを止められないのは
そのせいか。

今後の自分に期待しよう。

Take a look at American campus life

多くの米国の大学ではキャンパスの様子を
visual tour として写真で紹介しています。

有名どころでは、ハーバード大学。
visual tour はこちらから。

そしてニューヨークにある
コロンビア大学では、景色を
360度見ることもできます。

コロンビアのvisual tour はこちらから。
(explore a 360°view をクリックすると
 写真を左右に180°ずつ展開させることができます。)

ライブの映像を
流している大学もあったような気がします。

今さら大学なんて関係ない!などといわずに
観光気分でキャンパスライフを
楽しみましょう!

<今日のひとこと>

海に立ち寄りました。

寒いけれどいい景色が目の前に
広がっていたので写真を撮影。

しかし、ファイルのサイズが大きすぎて
ブログに載せられず。残念。

新しい出会いを求めて

といっても、本のお話。

NHKのBSで放送している
私の1冊・日本の100冊」が
今の私のお気に入りの番組。

各界の著名人が思い出に残る
一冊を紹介する。作品の内容も
知ることができるし、読み手の
思いを聞くことができるのも魅力。

読み手の解釈なり感想を聞くと、
読みたくなる。本の内容だけを
教えてもらうより関心を掻き立てられます。

気になる本は、

吉村昭著 「漂流 (新潮文庫)
            (山田邦子さんが紹介)
山崎正和著 「不機嫌の時代」
            (丸谷才一さんが紹介)
安野光雅著 「ふしぎなえ (日本傑作絵本シリーズ) 」 
            (季里さんが紹介)
福岡正信著 「自然農法 わら一本の革命
            (大倉正之助さんが紹介)
石井桃子著 「ノンちゃん雲に乗る
          (福音館創作童話シリーズ)
            (川上弘美さんが紹介)

などなど。BS2では午前8時から10分間。
お勧めです。

<今日の空>

夕方、西日が雲に反射して金色の空。

Rimg0364














今、「ノンちゃん雲に乗る」を読んでいる。

ノンちゃんが今にも飛び出してきそうなほど
生き生きと描かれている。ノンちゃんは
普通の女の子なんだけれど、ちょっと哲学
っぽいことを考えたりする。

読むことが出来てよかった。

Harper's Magazine

Harper's Magazineのメルマガを読む。

Harper's Magazine とは米国の
総合月刊誌。世界や米国での一週間の動きを
まとめて、無料メルマガとして
配信しています。(メルマガはこちら

コンパクトにまとまっていて、
(一つの出来事につきだいたい一行)
飽きない。

一週間のまとめはテレビでも新聞でも
見ることができるが、Harper'sのまとめ方には
センスが感じられ、気に入っている。

1月2日には
2008年のまとめ(Yearly Review)が
届いた。

"The United States marked the five-year
anniversary of the war in Iraq."(米国の
対イラク戦が5年目に突入)から始まって、
2008年のニュースを列挙。

日本については、

"Japanese men began to wear bras."
(日本では男性がブラをつけ始めた)

ですと。日本でも他にいろんなことが
起きたんだよ、もっと重要なことが…と
突っ込みを入れつつも、確かにインパクトが
ある話だから仕方ないか、とあきらめる。

政治の話も、軽い話題も扱っているので、
わかるところ、関心のある
ところだけの拾い読みでもOK。

外国語が読めるって楽しいことだなと
思わせてくれるメルマガです。

<今日のひとこと>

人生生涯小僧のこころ―
大峯千日回峰行者が
超人的修行の末につかんだ世界」
ぱらぱらとめくる。

そうそう、我を張らないって大切な
ことだったんだよな、と思い出す。
新年早々、新年の誓いを忘れていた。とほほ。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,836.80
為替レート(対ドル、午後5時)     91.15-17円

出典:  日経ネット  日本銀行

飛行機雲

寒い日が続き、
空が澄み渡っている。

写真は昨日見た飛行機雲。

Rimg0361














明日は伊豆地方の平野部にも雪が降るでしょうか。

今年いただいた年賀状の中に
「来年からは年賀状は失礼します」という
断り書きのついたものを見つけた。

差出人は高齢の知人。
私が体調不良に悩んでいるときに手を差し伸べて
くださった方である。

年賀状には新年の挨拶とともに
これまでの人生を振り返った感想が
添えられていた。

これまで一番つらかったこととして
挙げられていた出来事はお子さんが
亡くなったことだとあった。

だからこそ、親身になって周りにいる
若い人たちを世話してくださったのでしょう。

周りの人への感謝の気持ちもつづられ、
人生を全うして元気に生きていきたいとの
決意で文章は締めくくられていた。

思わずきりりと身が引き締まった。
知人の幸せを祈りつつ、
毎日を大切にしようと思いました。

それなのに…
風邪を引いていてぼおっとしているのは
いかがなものか。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,876.42
為替レート(対ドル、午後5時)     91.76-77円

出典:  日経ネット  日本銀行

L⇔R、 左右ではなく発音のこと

昨日、たまたま教育テレビをつけたら
斎藤兆史氏が画面に。

「NHK外国語講座
話して聞きとる!ネイティブ発音塾」

(音が出ます)

放送時間は火曜日午後11時10分から30分まで。
再放送は翌週火曜日の午前6時40分から7時までと、
午後0時10分から30分まで。

斎藤氏は東京大学大学院准教授。
専門は英語教育など。著書に
英語達人塾 極めるための独習法指南
英文法の論理 (NHKブックス)
努力論 (ちくま新書) 」など。

私はこれらの本を読み、失礼ながら
「しかめっ面をしているに違いない」と
思っていたのですが、
テレビでは予想外の柔和な笑顔。

題名のとおり、発音中心の番組構成です。
初回はLとR満載の文章を紹介、
発音の違いについて説明していました。

long road と wrong road。
聞き分けられますか?

 

番組サイトにはその文章が掲載されていますし、
イギリス人女性レイチェルさんの発音を
聞くこともできます。

私が一番興味を持ったのは、
超音波機器を使ってネイティブスピーカーの
舌の動きを追ったところ。

「Rのときは舌はこうして、Lのときは…」と
いう説明とともに視覚的に舌の位置を
確認できるというのは面白い。

 

なかなか画期的な試みです。

少し続けて見てみようと思います。
斎藤先生がどんなことをおっしゃるのかにも
興味もありますし。

<今日の本>

電車の中で読書。
写真の多い本を2冊読みました。

「クウネルの本
ずらり 料理上手の台所」

クウネルの本 ずらり 料理上手の台所 (クウネルの本)

著者  お勝手探検隊
発行  マガジンハウス

「好きな理由」

好きな理由

著者  高橋みどり
発行  メディアファクトリー

両方とも食に関する本。
食への関心というべきか、
食への執着というべきか。

ヨガで邪念を少しだけ追い払う。

<今日の経済>

日経平均(終値)             9,239.24
為替レート(対ドル、午後5時)     93.46-49円

出典:  日経ネット  日本銀行

食べ物はみなありがたい

年末から計画していた絶食を
1月4日に実行。白湯だけで
なんとか一日過ごしました。

4日にしたのは、3が日は
誘惑が多いから。なんとも気弱です。
勇敢な友人は大胆にも元旦に実施。

翌朝はさぞかし空腹だろうと予想したのですが、
空腹感はわずか。しかし、朝食に食べたもの全て、
ひものさえ甘く感じました。

食べ物があることって本当にありがたいこと
なんですね。十分に食べ物があるから
普段は食べ過ぎていました。反省です。

不思議なことに、空腹感は強くないのに
「食べたい」という気持ちは沸いてきます。
食べ物に執着しているような感じでした。

胃ではなく、頭が食べ物を
欲しがっているということでしょう。
食べすぎを直します。

気分を紛らわすために、絶食中は
レシピ本ばかり眺めていました。
今思えば逆効果のような気がしますが。

そして今日は
気になったレシピ本を借りてきました。

「ヨーガンレールの社員食堂」

ヨーガンレールの社員食堂

著者  高橋みどり
発行  PHP研究所

「修道院のレシピ」

修道院のレシピ

著者  猪本典子
発行  朝日出版社

「ヨーガンレールの社員食堂」は、
ファッションブランドのヨーガンレール(Jurgen Lehl)が
社員食堂で提供しているベジタリアンメニューを
紹介したもの。ぎっしり一年分です。

ヨーガンレール(Jurgen Lehl)は
デザイナーさんの名前です。

ワンプレートに5、6品、そして玄米ご飯に
スープや味噌汁。糠漬けがついている日も多い。
その多彩なメニューに感動を覚えます。

今日はこの本を電車の中で読んでいて、
一駅乗り過ごしてしまいました。野菜メニューが
気になる私に最適な一冊。

そして、「修道院のレシピ」はフランスの
家庭料理を紹介したもの。レシピはシンプルですが、
これもおいしそう。

すべてのレシピに写真がついている
わけではないので、想像力が試される一冊。
これも試してみます。フランス料理なので、
当然、肉、バター、砂糖はしっかり使ってます。

食へのこだわりはほどほどに
しなければ、と思う反面、いろいろな料理を
自分の手で作りたいと思うのでした。

いずれにしても、食べすぎはだめ。
どこかの本で読みました。
「少なく食べれば、長く食べられる。」

<今日のひとこと>

起き抜けに東の空を観察。

6:20AM

Rimg0355
















6:35AM

Rimg0356
















6:45AM

Rimg0358

















7:00AM

Rimg0359














<今日の経済>

日経平均(終値)             9,080.84
為替レート(対ドル、午後5時)     93.53-54円

出典:  日経ネット  日本銀行

よかれと思っても…

今日は英語のことわざをご紹介。

Too many cooks spoil the broth.

日本語の

船頭多くして船山に登る

ということわざと同じ意味です。

cook は名詞で、コックさんのこと。
spoil は動詞で、「~を台無しにする、~をだめにする」という意味。
brothはスープのこと。

broth についている the は、
いくつかあるスープのうちの「そのスープ」と
特定するものではなく、
スープ一般を指すための定冠詞です。

要するに、
「コックさんが多すぎると、
それぞれが味付けに
あ~じゃない、こ~じゃない、と
口を出して、いろんなものを加えているうちに、
スープの味付けがめちゃくちゃになる」
ということ。

他人事のように言っている私も
会社勤めのときには大勢の
コックさんやら船頭さんのうちの一人でした。

コックさんも船頭さんも、
よかれと思って自分の意見を主張
するんでしょうけれど、
みんなが意見を主張しすぎても
解決しないもんです。

最近の日本の政界は
常にそのような感じがしなくもない。

私の場合、今は人と話し合って何かを決定するという
機会はほとんどありませんが、
まれにそういう場面に遭遇したときには、
大事でないならなるべく黙っているように
しています。実験として、あるいは
自己鍛錬のために。

Silence is golden
(沈黙は金=きん)とも言いますし。

もっと若いときに気づいていれば
よかったですけれど、こういうことも失敗して
身に沁みてこそ分かることなんでしょうね。

ことわざの起源については
こちら(英語です)をどうぞ。

<今日のひとこと>

Rimg0354














実り多き一年でありますように、と
だいだいの木に祈る。

12月が比較的暖かかったせいか、
今年は色づきが遅い気がします。

<今日の経済>

日経平均(終値)             9,043.12
為替レート(対ドル、午後5時)     92.01-03円

出典:  日経ネット  日本銀行

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

伊豆地方の1月2日の夜空です。

Rimg0341














真ん中にほんの小さく写っているのは月。
快晴に恵まれたお正月です。元旦から寒さが
厳しいですが、雪国に比べたらなんのその。

2008年は私にとって
「切り替え」の年となりました。

2009年の課題は
「人の話を素直に聞く」ことと、
「考えるのと同じくらい行動する」ことです。

2009年もよい年となりますように。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30