無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Myanmar | トップページ | 苺の季節に読む本 »

ネコが好きな人に

『月へミルクをとりにいったねこ』

月へミルクをとりにいったねこ (日本傑作絵本シリーズ)

作   アルフレッド・スメードベルイ
訳   菱木晃子
絵   垂石眞子
発行  福音館書店

どうしたら4匹の子ネコにのませるうしのミルクを
手に入れられるかしらと、おかあさんネコは頭を悩ませます。

いぬ 「こんばんは、ねこさん。なにか しんぱいごとでも?」
ねこ 「ええ、ミルクがなくて こまっているの。あたしの
    こねこたちときたら、すっかりやせて、けも ぱさぱさに
    なってしまって、かわいそうで みてられないわ」
いぬ 「それなら、いいことを おしえてあげよう。ミルクが
    もらえる ところをね」
ねこ 「ほんとう?」

月にあるというミルクをとりに行こう!
仲間たちをしたがえてお母さんネコは出発します。

作者はスウェーデンの児童文学者で、作品は1908年に
書かれたもの。100年も前のものなのに、古くないのは
古今東西、母の愛は変わらないからか。

あらすじは書きませんが、いいお話です。
日本の昔話を思い起こさせる展開もあります。

なにより、表紙の絵がかわいらしい。
ネコが好きな人と動物の物語が好きな人に
おすすめの一冊。

<今日のひとこと>

「ヨガは人生の役に立つ。
 人生は姿勢の連続だから」

ヨガのワークショップで先生が言ったひとこと。
姿勢は体のことでもあり、気持ちのことでもある、と
受け取りました。本当はどうなんだろう。

« Myanmar | トップページ | 苺の季節に読む本 »

絵本」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネコが好きな人に:

« Myanmar | トップページ | 苺の季節に読む本 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30