無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« avian, swine, bovine、そしてdandelion | トップページ | 本の上に本 »

pancake か pizza か

先日、チジミを作りました。

まず、にらを摘みます。そこから?ええ、そこからなの。

Rimg1047















間違えて水仙の葉を採らないように注意。
去年だったか、水仙の葉を食べて食中毒になった
なんてニュースを聞きました。

水仙の葉とにら。生えている姿は似ているけれど、
水仙の葉は食べる気にならないほど硬いですよ。

Rimg1048














途中経過は省略して出来上がり。
なんともおいしそうな仕上がりです。

今回の具はにらと桜海老のみ。小麦粉、水、卵、塩と具を混ぜて
焼くだけ。酢醤油プラス七味とうがらしで召し上がれ。

チジミといえばお好み焼き、と強引に話を続けますが、
お好み焼きを説明するときに英語でなんといいますか?

私は Japanese pizza だと思っていましたが、
米国人、英国人には、「日本人は pizza というけれど、
pancake なんじゃない?」と言われました。

私の個人的経験なので数人の感想なのですが、
材料ならびに作り方を考えると確かに pancake に近い。
ふむふむ。これ以降、Japanese pancake と説明しています。

pancake の発音はこちら→Merriam-Webster

<今日の一冊>

長いこと読まずに、いや読めずにいた一冊を
ついに読みました。

職業としての翻訳

『職業としての翻訳』
著者  鈴木主税
発行  毎日新聞社

「しかし、たいていの人は中学、高校、大学と
10年も外国語の文章に接してきたわけです。
もう日本語を読むときのように意味を追って
読む習慣を身につけてほしいものです。
前者(文法と辞書の訳語に頼って原文を解剖
するように読み解くやりかた)のような読み方を
していると、著者の間違いや印刷の誤植に
ぶつかると立ち往生してしまいます。これは、
翻訳学校でよく見かけたことです。しかし、もっぱら
意味を追って読んでいる人はそんなことに
頓着しないで読みすすめることができます。
間違いや誤植にまったく気がつかないと具合の
悪いこともありますが、あまり問題にならないことの
ほうが多いものです。」

鈴木主税氏は社会科学系の本の翻訳家として
非常に有名な方。純粋に日本語として通用する
翻訳をすることがいかに大変なことかが
この本を読むとよく分かる。そして、フリーランスとして
仕事をすることの責任の大きさも。

「フリーの翻訳者にとって、一回一回の仕事がつねに
生死を分かつ真剣勝負だということです。」

確か5、6年前にこの本を買って
読み始めたものの、81ページのこの言葉を読んで
空恐ろしくなり、読み進められなくなりました。

ここでは翻訳者について語っていますが、
職業がなんであれ、「仕事をする」ことについて
鈴木氏の考え方がよく表れています。

今回、通読することにしたのは、現実を知ろうと
思ったから。目をつむっていて物事がなんとかなる
わけではありませんわね、あたりまえですが。

英語であれなんであれ、真摯にできるだけの
努力をしようと思いました。
厳しさを求めている方に最適な一冊。

« avian, swine, bovine、そしてdandelion | トップページ | 本の上に本 »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: pancake か pizza か:

« avian, swine, bovine、そしてdandelion | トップページ | 本の上に本 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30