無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« さおだけ屋じゃない | トップページ | Don't take it for granted. »

雨の日の英語

雨の連休のとある日。

久しぶりにニューヨークタイムズ
(The New York Times)
の記事でも
読もうかな~と思って開いたのがこれ。

久しぶり、じゃなくて毎日読めよな、自分。

"Stress-Test Leaks Suggest
  Big Bank Bailouts May Be Over"
by Eric Dash and Louise Stroy

"The results of the bank stress tests have been
trickling out for days, in drips from Washington and
drops from Wall Street, and the leaks seem to
confirm what many bankers feel in their bones:
despite all those bailouts, some of the nation's
largest banks still need more money."

金融危機の影響を受けた銀行の健全性を
政府が検査していましたが、その結果が発表される
直前に出た記事です。

要約すると、銀行の健全性検査(ストレステスト)の
結果についてはいろいろなうわさがあるが、
大手行にとってこれまで政府からの救済措置では十分ではなく、
さらにカネが必要になりそうだ、ということ。

やっぱり、という気がしましたが、
私が面白いとおもったのは別のところ。

この記事を読んだ日は雨が降り続いていて、
記事の中に水の流れを想起させる言葉が
たくさん使われているなあと思ったのです。

leak      (名詞) 漏洩、液体やガスの漏れ
trickle  (動詞)(雨、涙、血が)したたり落ちる
drop   (名詞)しずく、しずくの一滴、
drip   (名詞)したたりおちること、しずく、水滴

社会の中でお金の流れを血液になぞらえることが
ありますよね。お金の流れの中で重要な役割を
果たす銀行の記事だから、記者はこれらの言葉を
使ったんだろう、と想像しています。

ある雨の日の発見。

<愛犬>

「愛犬に見つめられるときずなを深める
ホルモン上昇―麻布大など実験で確認」

日付は忘れてしまいましたが、こんなタイトルの記事が
手元にあります。麻布大と自治医大の研究グループが
確認したそうです。

やはりそうか。

犬が目で訴えているのを見ると
ついつい犬の言いなりになっている…
記事のもあるように「目は口ほどにものを言う」ようで。

ほどほどが肝心ですな。

« さおだけ屋じゃない | トップページ | Don't take it for granted. »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/english/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/english/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
wOetIc7v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の英語:

« さおだけ屋じゃない | トップページ | Don't take it for granted. »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30