無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 1ドルだってたいしたもの | トップページ | Resurrection of Mickey Rourke »

ボイストレーナー濱田真実さんの教え

ボイストレーナー、濱田真実さんのメルマガに
胸を打たれたので、今日のエントリーは英語に関係なし!
メルマガ『呼吸の奇跡 声の魔法』から
第186号「効果を生み出す人に」をご紹介します。

私が体調不良に悩んでいるときに
お世話になったのが真実さんです。
「体調不良でボイストレーニング?」と思いますよね。

その理由は後回しにして、
ご本人の許可をいただいたので、全文を掲載します。
夢と現実の狭間でもがいた20歳前後のころを
思い出しました。bittersweet とでもいいましょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          効果を生み出す人に
------------------------------------------------------------●

二十数年も昔の話です。

私は、NHKドラマ「阿修羅のごとく」などをプロデュースしてい
た、プロデューサーのNさんと出会いました。

どうしても女優として世に出たいと、切望していた頃です。

親戚の知人の知人という、Nさんとの細い糸を手繰り寄せ、図々し
くもNHKまで押しかけて行ったのです。

「私、女優になりたいんです」

NHKの社員食堂で、Nさんに向って発した一言。

自分自身の思い余った声を聴いた途端、私の心の中の何かが崩れ落
ちました。

チャンスに恵まれない悔しさ、焦り、情けなさ、それでもあきらめ
きれない思いがあふれ出し、ワァワァとその場で泣き出してしまっ
たのです。

◆「ごめんなさい、帰ります」

自分が泣き出すなんて、思ってもみませんでした。
みっともなくて、恥ずかしくて、どうしようもない・・・

私は、「ごめんなさい、帰ります」と席を立ちかけました。

当時Nさんは、50代前半のお父さん。

社員食堂でしゃくりあげて泣いている女の子を、不憫に思われたの
でしょう。

「まぁ、待ちなさいよ」

と、Nさんの穏やかな声が私に届きました。

◆活動か効果か

「あなたの気持ち、良くわかりました。
 ゆっくりで良いんだよ。

 焦らなくて良いから、あながたやりたいことを、もう一度整理し
 てごらん。

 あなたがやりたいのは、演劇活動?
 それとも演劇効果?

 演劇活動というのは、あなたが楽しければそれで良いもの。

 演劇効果というのは、あなたが演じることである効果が表れる
 もの。

 テレビの世界は、演劇効果をとことん追求して行く世界だよ。

 どちらを選びたいか、決まったら、またおいで」

◆効果を学ぶレッスン

それから私は、月に一度の割合で、Nさんを訪ねました。

どんな時も、Nさんは快く会って下さり、その度にプロの心構えを
話して聴かせて下さいました。

時には、大河ドラマの撮影スタジオで、プロの俳優のエネルギーを
肌で感じなさいと、長時間見学をさせて頂きました。

表現することで、観る人の心に感動という効果が表れる世界。
チーム一丸となって、ひとつの世界を作り上げるエネルギー。

人に伝え、多くの人の心に効果的に作用してこその、仕事。

その厳しさ、奥深さ、愛しさ、感動を、私はNさんから教わりまし
た。

◆1981年9月21日

「9月21日に二十歳になるのか。そうか、じゃぁご馳走だな!」

Nさんは、私の誕生日にお祝いの席を用意して下さいました。
約束を守って、駆けつけた下さったNさん。

喪服でした。

1981年9月21日は、8月に飛行機事故で亡くなった、作家・向田邦子
さんのご葬儀の日だったのです。

阿修羅のごとくや数々のドラマで、向田さんとは戦友のように共に
闘ってきたNさん。

「せっかくの誕生日なのに、申し訳ないね」

と言いながら、Nさんは涙をこぼされました。
私は、身も縮むような思いで、Nさんの涙を見ていました。

「徹底的に、本物になりなさい。
 良い仕事をして、たくさんの人を歓ばして生きなさい。
 大切に、今を生きて行きなさい」

Nさんは、そう私に教えて下さいました。

私の20代は、効果を生み出す達人・向田邦子さんのお別れと、共に
戦い抜いた喪服のNさんの涙で始まりました。

あの日、私は何故だか、大きなバトンを受け取ったような気持ちで
いました。

そのバトンは、何処へ行ったのだろう・・・
自分の不甲斐なさが、悔やまれる時があります。

あれから長い年月が過ぎました。
私は今、あの頃のNさんの年齢に近付いてきています。

Nさんから教わった一言一言。
私の一途さと、思いの強さ。

それは、かけがえのない輝きとなって、今でも私の道を照らしてく
れています。

女優になる夢は、叶いませんでした。

でも、どんな仕事でも、どんな表現でも本質は同じです。

「良い仕事をして、たくさんの人を歓ばして生きなさい」

Nさんの声が、今でも私の心に響いています。

    あなたの毎日が、歓びと美しい響きに満ちて
         幸せでありますように

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

後日談はこちらから⇒まぐネット『呼吸の奇跡 声の魔法』

いかがでしたか?

もがき、苦しみ、助けを求め、
自分の姿を見つめることは、特に若いときにはつらい。
でも、長いスパンで考えると、その経験ほど
人生の中で生きるものはないと思います。

そんなつらい経験があるからこそ、自分が生み出せる「効果」を
見つけられるんじゃないか。ん~、20歳だった自分に
聞かせたいくらい。が、時計の針は戻せないので、
今の自分に言い聞かせておこう。

さて、体調不良とボイストレーニングの関係とは…

私の場合、なのですが、体の緊張が
体調の悪さ(主に頭痛や背中痛)につながっていると
感じたため、呼吸を変えて体をリラックスさせようと
思い至ったのでした。

そのヒントになったのが、真実さんのメルマガであり、
著書『声の魔法』です。

声の魔法  あなたを輝かせるステキな声の育て方

数ある健康法の中でも
シンプルで力強いアプローチだと思います。

« 1ドルだってたいしたもの | トップページ | Resurrection of Mickey Rourke »

心と体」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

ブログ紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボイストレーナー濱田真実さんの教え:

« 1ドルだってたいしたもの | トップページ | Resurrection of Mickey Rourke »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30