無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Surviving | トップページ | 「ぐりとぐらとすみれちゃん」 »

ベストセラー系3冊と伊豆在住のフラメンコユニット

ここ最近、ベストセラー系の本3冊を読む。
1日の夜はフラメンコギターとダンスの
セッションをたまたまライブで見て感動。

「この世でいちばん大事な『カネ』の話 」

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

著者   西原 理恵子
発行   理論社

「たとえ最下位だろうと、どこがどう最下位なのか、
自分のことをちゃんとよくわかれば、
勝つ目は必ず見えてくるはず。

わたしは、自分をそう励ましながら、
来る日も来る日も描いて、描いて、描きつづけた。

今振り返っても、当時のその考え方は、
まちがいではなかったと思う。

たとえば野球だって、バットを一日中
振っていれば、ねらったところまで球を
飛ばすのがどんなにたいへんか、自然と
わかるようになる。それとほぼおんなじよ。

自分の得意なものと、自分の限界点を
知ること。『それなら、ここで勝負だ』って、
やりたいこと、やれることの着地点を
探すこと。それって、ちょっとスポーツ選手
みたいなところがあると思う。

できないとはっきりわかっていることを、
いつまでもがんばっていたってしょうがないし、
『あそこではなく、ここでがんばるんだ』って
決めたら、『ここ』のいいところだって
見えてくるからね。」

「『才能』っていうのは、そんなふうに、
自分だけじゃわからない、見えてないものだと思う。
自分で『こうだ』と思い込んでいることって、
案外、的外れだったりするからね。」

非常にまっとうなお金と人生の話。
「生きる」=「働く」。著者はそういってます。
金儲けの本じゃありません。

「王の道」

王の道

著者   飯田絵美
発行   メディアファクトリー

「巨人での監督時代の二の舞になっていると理解しながら、
王はあがいていた。浮き彫りになる選手やコーチ
との溝。練習やミーティングで、試合中でも、常に
いらだち声を荒げた。怒られた選手はますます
萎縮した。試合に負けて怒鳴り声が響くミーティング
で、コーチは下を向いていた。悪循環の3年目を
終えたオフ。八方ふさがりの王は、ある禅の高僧に
対面した。

『王さん、あなたは奥行きが広い人だけれど、
間口が狭い。もっと聴く耳をもたないと…』

その言葉こそが、王を動かすきっかけとなった。
”変わる勇気”をもたらしたのだ。」

今や「日本の賢人」のような王さんも考えを
変え、スタイルを変えて今に至っている。
自分のやり方を考えさせられた。

「生きかた上手」

生きかた上手

著者  日野原 重明
発行  ユーリーグ

「昔のほうがよかった、などと言うつもりは
ありませんが、ひと昔前と、ものが
あふれるほど豊かないまとでは、居心地
というか生き心地が明らかにちがいます。
いまの世の中を、速さ、豊富さ、効率性
という観点から見れば、さすがにこれらを
必死で追い求めただけのことはあって、
申し分のない状態と呼んでいいでしょう。

けれど、はたして居心地はどうかと言えば、
私には、とてもドライにすぎるのです。人の
ぬくもりや息づかい、手ざわり、肌ざわりが
あまり感じられません。」

先日、仕事で2つの企業を訪問しました。
最近はメールでのやりとりに頼る日々だったので、
人に会って得られる情報量の多さに
びっくり。非言語コミュニケーション
(non-verbal communication)はやはり
かなり重要。

で、フラメンコ。
近くいろんなユニットのライブをやっていると聞き、
遅れて見に行きました、ちょうど
フラメンコを見ることができました。

Raiz de Hiebra (ライス デ イエルバ)
スペイン語で「草の根」という意味だそう。

Youtube で映像を見つけました(音が出ます)。
ギターの西井さんと、ダンサーの須永さんの
ユニットです。伊豆に住んでいるそう。

圧倒された!

静岡、東京などで活躍中とのこと。伊豆でも
いろいろなところでライブが見られるようです。
伊豆でもフラメンコが見られる時代になったか!

昨日の会場は伊豆の国市「ホテルアクアサンタ」でした。

« Surviving | トップページ | 「ぐりとぐらとすみれちゃん」 »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ヤスミンさん、おはようございます。

西原さんはイタいところを
ぐいぐい突いてきますよね。

本当のことだからイタいし、
多くの人が共感するんだろうな。

アン・モロー・リンドバーグによりますと、

「中年というのは、野心の貝殻や、
各種の物質的な蓄積の貝殻や、自我の貝殻など、
いろいろな貝殻を捨てる時期であるとも考えられる」
(「海からの贈物」牡蠣の項より)

そうなので、
今が始まりのようにも思います。

西原さんは好きですねー。
マンガやいろんな本、かなり読んでます(^^;
この人の言動をみると、自分はまだいい子ぶってんな~、と思っちゃいます。

自分を知るってほんとに厳しいことだなぁ。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082573/30371545

この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラー系3冊と伊豆在住のフラメンコユニット:

» 飯田絵美「王の道」+7/9のプロ野球 [阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ]
日付変わって昨晩は、阪神戦がなかったので、まずは過去に読んだ本の感想文のUPでも ・飯田絵美「王の道~”王貞治”を演じ切るということ」(メディアファクトリー) 人を変える、人を動かすリーダーの条件 <ポイント> ●実績を残しながらも挫折も多い「人間・王」の姿..... [続きを読む]

« Surviving | トップページ | 「ぐりとぐらとすみれちゃん」 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30