無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« "21"、もしくは「ラスベガスをぶっつぶせ」 | トップページ | あるとなしとでは… »

「~したらどうしよう」のわな

よく「想像したことは実現しやすい」と
いいます。いや、実際そうですよ、
だめと言われると余計にねえ、でもそれが普通
なんですよという主旨の
論文が新聞に載っていました。

"The same 'ironic errors,' as Dr. Wegner calls them,
are just easy to evoke in the real world. Golfers
instructed to avoid a specific mistake, like
overshooting, do it more often when under
pressure, studies find. Soccer players told to
shoot a penalty kick anywhere but at a certain
point of the net, like the lower right corner,
look at that spot more often than any other."

from "Why the Imp in Your Brain Gets Out"
by Benedict Carey

The New York Times
July 7, 2009

「現実の世界では『皮肉な間違い』
(ウェグナー教授はこう呼んでいる)を容易に
思い起こすことができる。さまざまな研究によると、
グリーンをオーバーするなど特定のミスを
しないようにと言われたゴルファーは
プレッシャーがかかると実際にそのような
ミスを犯しやすくなる。サッカー選手がペナルティー
キックを蹴る際に、ネットのある一部分(たとえば
右下の角)以外ならどこにボールを蹴ってもいい
といわれると、他のどの部分より『いけない』と言われた
ところに目がいってしまう。」

ハーバード大学で心理学を研究する
ダニエル・ウェグナー教授が「サイエンス」誌で
発表した論文に基づいた記事を読んでみました。

「だめと言われたことほどやりたくなる」というのは
どうやら普通のようです。だからこそ、
スポーツ選手はいいイメージを脳に定着させるために
イメージトレーニングをするんでしょうね。

なるほどー。

<梅雨なので>

青空の写真を眺めることにする。

Rimg1211















藤のつるが伸びてます。

« "21"、もしくは「ラスベガスをぶっつぶせ」 | トップページ | あるとなしとでは… »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「~したらどうしよう」のわな:

« "21"、もしくは「ラスベガスをぶっつぶせ」 | トップページ | あるとなしとでは… »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30