無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ポケモン効果 | トップページ | ORTの効果 »

生きること・死ぬこと

少し前に図書館から借りてきた2冊の絵本。

『葉っぱのフレディ』

葉っぱのフレディ―いのちの旅

作   レオ・バスカーリア
写真  アンソニー・フリザノ など
訳   みらい なな
発行  童話屋

『100万回生きたねこ』

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

作・絵  佐野 洋子
発行   講談社

『葉っぱの…』は1982年、『100万回…』は
1977年の本。ちゃんと読んだことがなかったので、
いまさらながら読んでみました。

共通テーマは「生きること」と「死ぬこと」。

なんだか、今、考えていることとリンクしています。

先日、駿河湾地震が起きたとき、
地震の最中はフトンにつかまっていることくらい
しかできなかったのですが、地震後、

「地震で死ぬこともあるんだよな」

とふと思いました。

よく死ぬためにはよく生きることが大切とか、
生きていくのにそんなにたくさんの荷物はいらないとか、
有限な時間をいかに使うかは自分次第とか、
自分が大事だと思うことに意識を向けるとか、
死んだあとに日記を読まれたくないから処分しようとか、
シュークリームは食べたいときに食べようとか、
何でも食べすぎはよくないとか、

11日の地震以降、生死にまつわるエトセトラが
頭をよぎりました。おりしも明日は8月15日。
歴史や生死を考えろ、ということでしょうか。

ここ何年か、守り(何を?)の姿勢で過ごしてきましたが、
守りに固執すると、かっこ悪い自分の姿を見ることが
多くて、これじゃあいかんなと思っていました。

自分の美意識に従って生きるよう方向転換します。

「”いのち”は土や根や木の中の 目には見えない
ところで 新しい葉っぱを生み出そうと 準備をし
ています。 大自然の設計図は 寸分の狂いもなく
”いのち”を変化させつづけているのです。」

             ~『葉っぱのフレディ』より

さて、『葉っぱのフレディ』の作者の名前を見て、
レオ・バスカーリア、どこかで聞いたことがあるぞ、
むむむ、と考えた結果、思い出しました!

"Living, Loving and Learning"

Living Loving and Learning

Author      Leo F. Buscaglia
       (ウィキペディア・日本語にリンク)
Publisher   Ballantine Books

確か、大学生のときに読んだような気がします。
今は手元にありませんが、この本の英語はそれほど
難しくなかったと思うので、内容に関心のある方には
お勧めの1冊。

« ポケモン効果 | トップページ | ORTの効果 »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082573/30954818

この記事へのトラックバック一覧です: 生きること・死ぬこと:

« ポケモン効果 | トップページ | ORTの効果 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30