無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« This way, that way | トップページ | Flower Rock で Headlock! »

感動の一冊

『悩む力』

悩む力 (集英社新書 444C)

著者   姜 尚中
発行   集英社

「誰もが自分の城を頑強にして、
塀も高くしていけば、自分というものが
立てられると思うのではないでしょうか。
守れると思ってしまうのではないでしょうか。
あるいは強くなれるような気がするのでは
ないでしょうか。しかし、それは誤解で、
自分の城だけを作ろうとしても、自分は
立てられないのです。

その理由を究極的に言えば、自我と
いうものは他者との関係の中でしか
成立しないからです。すなわち、人との
つながりの中でしか、『私』というものは
ありえないのです。」

姜 尚中といえば、NHKの「スタジオパークから
こんにちは」
に出てしまうほど、お茶の間でも
人気のある政治学がご専門の東大教授。

『朝まで生テレビ』では、
どんなに議論が白熱しようとも、
冷静かつ紳士的な態度を崩さないお方です。

一ミリでも見習いたい…

それはともかく、

激しく動く時代に戸惑いを感じるすべての人に
お勧めの一冊です。私は初めのほうで、
うっすらと涙が出ました。まあ、万人がそうなる
とは思えませんが、いい本です。

2008年5月に初版が出て、9月には第9刷が
出ています。やはり今の時代に求められている
本ということでしょうか。タイトルどおり、悩み
について書いているのですが、不思議なことに
温かく、明るい気持ちになりました。

« This way, that way | トップページ | Flower Rock で Headlock! »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

Sさん、

Sさんの言うとおり、時代は過渡期に
あるのかもしれないと私も思います。

そして、私自身も過渡期にあります。

自分を信じつつ、周りもよく見渡して、
考えて、行動する。いつの時代にも通用する
当たり前の考え方ですが、民主党が
政権をとって社会が変わっていくように、
時代や社会が変わるなかで、変わっていく
ものと変わらないものを見極めるチカラを
持ちたいと思います。

いやいや、こんなこと、大学生のときに
やっとけよ、という話ですけれど。

Sさんをはじめ、友人、知人ががんばって
いる姿を見ると、胸が温かくなります。
人間、他人が成功すると、うまくいった
結果だけ眺めて、「いいよね~」と
思ってしまうものですが、その陰には
やっぱり努力があるんですよね。もちろん、
運や周りの協力もあったりしますが。

Sさんがいま取り組んでいることが
うまくいくように祈っていますね。
お会いできる日を楽しみにしています。

また寄ってね。

わ~早速お返事ありがとうございました!


・・・そうかもしれないですね。

表面上はかつてからは考えられない程に変化して多様化してみえますけれど、それでも根っこの部分、人間の考えること・感じることにはある程度の傾向がみられるような気がしています。生き残るのに精一杯でなくなった分、選択肢が増えたことに対する悩みは増えたかもしれませんが・・・。

今はちょうど過渡期なのかも、と感じる時もあります。

「大学行くなら東大よね♪」(?)とかも安全な道を選択したいと思う一種の自己防衛なのかもしれないと思いました。今は「先が見えない時代」ですから・・・

私も人(特に頑張っている人)に出会うと、パワーを貰います。色々な考え方も学んで、そしていいものはどんどん活かしていきたいと思っています。
(Yさんからもパワー、貰っちゃっています!ありがとうございます!)
かなり活発に活動されているようで・・・おめでとうございます!体が自由に動けるってありがたいことですよね。私もおかげさまでバリバリ!は無理ですけれども少しずつ動き出しています。

またちょくちょく訪問させていただきければとっても嬉しいです。S

Sさん、

こんにちは!メールをありがとう。
とてもうれしいです。

もちろん、Sさんのこと、覚えています。
元気そうで本当によかった。

最近、人に会うごとに、
「世の中、広いぜっ」と思います。

好きなこと、嫌いなこと、
楽しいこと、つまらないこと、
やりたいこと、やりたくないこと、
目指していること、いないこと。

みんな人間の格好をしている
(あたりまえ?)のに、
みんな違うんだよね~。

もともと人間の個性はさまざまだし、
日本では近年、趣味趣向も
多様化しているような気がするけれど、
それは多極化しているだけで、
もしかしたらそれぞれの極においては
価値は画一化が進んでいるのかも
(例えば、「大学行くなら東大よね♪」のような)
しれないと思います。

なんとなく通じる?

また遊びに来てくださいね。
お待ちしています。

Yumusさん、こんにちは!
お久しぶりです。
Sです。覚えてらっしゃいますか?(私のメールアドレスに名前が入っているので見てみて下さい。)

漸く一息つけたのでまた遊びに来ちゃいました。
変わらず優しくて素敵なHPで・・。

姜尚中ですか~。
彼は私の大学でも人気がありました。
確かドイツ留学中に鬱のようになったんですよね。苦しんで、悩み抜いて、、これからの時代は人間の存在意義について悩む人が更に増えるかもしれませんね。
私もYさんもお互い色々あったので、流行先取りですね!
まあ決して流行などというものではないですけれど(^ ^;)

ではでは、またお邪魔させて下さい。

Sより

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動の一冊:

« This way, that way | トップページ | Flower Rock で Headlock! »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30