無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« いい日旅立ち | トップページ | 試練に次ぐ試練パート2 »

やっぱり…

『14歳の危機』

14歳の危機ー自立を先送りする子どもたちー

著者  伊藤千佳子
発行  そうろん社

著者のHPはこちら

今年(2009年)の夏から英語教室を始めました
(こちらは私の話)。対象は大人から子供まで。
4年くらいつらつらと考えて、やっと行動に移しました。

なんでそんなに考えたのか、といいますと、
「英語教室といっても、英語を教えるだけでは
すまないだろう」とうすうす気がついていたから
だと思います。英語だろうとなんだろうと、
まずは気持ちの持ちようが大事ですから。

だれでも経験、ありますよね。

で、紆余曲折があって教室を始めたわけですが、
どういうスタンスで指導に臨むかを考えていた
ときに出会ったのが、この『14歳の危機』です。

個人の英語塾を経営している先生が書いた、
10代の子供の心についての本で、ここで
指摘されていることは大人にも通用すると思う。

「『心の成長に目を向けないまま英語だけを
教えていても、成果がなかなか上がらない』と
いう事実を否応なくつきつけられたことにある。」
(本書「まえがき」より)

やっぱりそうですか…、と納得。

この著者は、独学で心理学や精神分析を学んでおり、
塾の先生でここまでやれる人は少ないと思う。考え方は
人それぞれ、と思った部分ももちろんありますが、
ここまで仕事に打ち込める精神力は素晴らしい。

飛騨での経験でもそうでしたが、先入観なく
よく観察すること、そして、自分も含め人間の能力を
信じることが大事だと再確認。

私は生徒さんなどといろんな話をしたあと、
あまりに疲れて寝込んでしまうことがあり、
「向いてないかも…」と思ったこともありますが、
著者にもそういう経験があるそうで、
ちょっとほっとしたりもしました。

中学生・高校生、その親御さんにお勧めの一冊。
勉強が進まなくて困っている大人のみなさんにも
役に立つと思います。

聞くスタンスはこちらの本で学んでます。
京大名誉教授による名著です。

『プロカウンセラーの聞く技術』

プロカウンセラーの聞く技術

著者  東山紘久
発行  創元社

« いい日旅立ち | トップページ | 試練に次ぐ試練パート2 »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり…:

« いい日旅立ち | トップページ | 試練に次ぐ試練パート2 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30