無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 転んだら起きなよ | トップページ | 有料化の波 »

「本との出会い」とはよくいったもの

「本との出会い」という言葉がありますが、
まさにその通りだとしみじみ感じています。

『夢をかなえる一番よい方法』
著者  リチャード・ブロディ
訳者  大地 舜
発行  PHP研究所

マイクロソフトWordの開発者が書いた本で、
英語版("Getting Past OK")は1993年に出たそうですが、
私が日本語版(2002年が初版)に出会ったは2004年ごろ。

新刊本ではなかったので、出会いの場は
川崎市の古書店。あの日あの時あの場所~♪
に行かなければ出会えなかった、というわけあります。

セルフヘルプ本として至極まっとうなことが
書いてあります。優秀なプログラマーが書いた本
だからか、内容がよく整理されているし、なによりも
ユーモアに富んでいるのがこの本のいいところ。

「裁判長、弁護側は、素晴らしい人生を送らない理由として、
証拠『言い訳536番』を提出いたします」

翻訳もうまいし、挿絵も素敵です。
折に触れては読み返し、今では本に書いてあるように
正直に生きることが楽になってきました。

が、しかし!

この本の著者はその後、プロのポーカープレーヤーに
転向、ウィキペディアには、カジノホテルチェーン
から出入り禁止を言い渡されたことがあるとありました…

本には、

「あなたが好む生き方をしている人からだけ、
アドバイスを受けるようにしよう」

とあります。プロのポーカープレーヤーに転じた
作者のアドバイスを真剣に読んでいる自分の
姿を想像するだけで笑えますが、情報の
伝播についての分析は鋭く、よい本だと思います。

ユーモアがあるというのは、物事を客観視できている
ということ。またときどき読むだろうな。

« 転んだら起きなよ | トップページ | 有料化の波 »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

hello さん、

はじめまして。コメントありがとうございます。

ご同業の方に読んでいてだいて光栄です。
アメリカにお住まいとは英語の勉強に最適ですね。
ウラヤマシイ。

英語の仕事は厳しいですが、最近はそれが
魅力の一つなのかも、と思ったりします。
お互い精進いたしましょう。

よろしければまたお立ち寄りください。
アメリカの様子を教えていただけたら
大変うれしいです。

では!

yumusさん、はじめまして
トライアルの翻訳中に訳語を探していてここを見つけました。
その後も、同業種というのもあって楽しみに読ませていただいています。
今アメリカに住んでいて英会話勉強中なので、英語教室でのお話もとっても興味深くて…。

ブログを遡っていったら、読みたい本が増えました

今年初めての新しい出会いがこのブログです。
仕事も英語もがんばれそうな予感
yumusさん、これからもよろしくお願いしまーす

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本との出会い」とはよくいったもの:

« 転んだら起きなよ | トップページ | 有料化の波 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30