無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« The hare and the tortoise とは… | トップページ | W杯も聞き取れるととうれしい »

「難しいのは文法用語」に一票

仕事用に本を読んでいます。

「ぼくたちの英語」

ぼくたちの英語

著者  黒田龍之介
発行  三修社

「まず整理しておきたいのは『文法が難しい』とは
どういうことかである。

文法のしくみを理解するのが難しい。

一般にはそう信じ込まれているのだが、わたしは
別の要因もあるのではと考える。

つまり、文法用語が難しいのではないか。

用語というものは、どの分野でも厳(いか)めしい。
専門家の間で使うものだから、一般向けに容赦しては
くれない。文法だって『法』というくらいだから、難しそうな
用語がたくさんある。『時制の一致』『仮定法過去完了』
『独立分詞構文』ばかりでなく、『名詞』や『母音』ですら、
日常とかけ離れた理解不能な存在であるように
感じているのかもしれない。」

(第2章 「教室で必要な英語」より)

スラブ語学を専門とする言語学者が英語の学習について
書いた本。大学で英語を教えた経験、高校の英語教師を
している教え子との会話、自身の英語学習経験、
世間一般での英語教育・学習熱についての考察、
どれも面白いのです。英語の先生必読です。

子どものころ、英語英語と世間が言っているので、「自分が
大人になったらみんな英語を話せるようになってるんだろうな」
と思っていたら、そんな社会にはなっていない…という
話には苦笑しました。いや、笑えないか。

英語教室で教えていて、文法のナカミもそうですが、
文法用語の説明がこれまた難しい。用語は飛ばそうかと
思ったのですが、参考書には出てきます。となると、
飛ばしたり、名前を勝手に変更するのもはばかられ。

対策としては、「日本語ではこういう状況のときに
使う表現だよ」と具体的に説明します(ときに振りつきで)。
バカらしいということなかれ。バカらしいほうが
テストのときに思い出してくれる可能性が高い、と予想してのこと。

十人十色とはよく言ったもので、わからないところは
みんな微妙に違う。みんながわからない、ということもある。
私はローマ字のEと、カタカナのヨの区別がつきませんでした。
自分の苗字にEが入っているにもかかわらず、です。

何をどう教えるか?慣れも大切だけど、残念ながら
教え方は一つだけではないようです。教え方について悩み
続けるのはつらいよ~と思っていましたが、悩み続ける
しかないかとあきらめがつきました。

だからこそ面白いってことか?なかなか生徒が理解できない
時は胃が痛くなるのですが、やっとわかったときには
うれし涙が出そうになります。ただ、その後、やっぱり
わかっていなかった…ということも多いです。

がんばります。自分の勉強さっ。

« The hare and the tortoise とは… | トップページ | W杯も聞き取れるととうれしい »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

helloさん、

こんにちは。

>synonymとhomonymが何度覚えてもごっちゃになり、「
>漢字なら分かるのに…」とぼやいてます。

わかります。

>あと、振り付きで教えてくれる先生、大歓迎!
>ある時先生が、stumbleを体現してくれて、もう忘れません。
>思い出すのはその時の先生の姿…wink
>他にもこの先生はいろんなときに思い出します。
>授業ではstumbleやfrownなど動詞や形容詞のリストが
>配られ、生徒が単語を1つ選んで
>皆の前で実演したこともありました。
>楽しいから授業の「つかみ」としてもよさそう?

お~、ヒントをありがとうございます。
わかれば楽しくなるし、楽しくなれば
自分で勉強しますよね。

教えながら、自分の復習にもなっています。
「自分は本当にわかっているのか?」って。
考えさせられますわ。

本当に世の中、試行錯誤ですね、
なんでもやってみなけりゃわからない、って意味で。

こんにちは

文法用語、ほんととっつきにくい。
日本語で一応覚えた私、アメリカに来てから英語での文法用語にぶつかってます。
synonymとhomonymが何度覚えてもごっちゃになり、「漢字なら分かるのに…」とぼやいてます。

あと、振り付きで教えてくれる先生、大歓迎!
ある時先生が、stumbleを体現してくれて、もう忘れません。
思い出すのはその時の先生の姿…
他にもこの先生はいろんなときに思い出します。
授業ではstumbleやfrownなど動詞や形容詞のリストが配られ、生徒が単語を1つ選んで皆の前で実演したこともありました。
楽しいから授業の「つかみ」としてもよさそう?

がんばってられる姿、励みになります

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「難しいのは文法用語」に一票:

« The hare and the tortoise とは… | トップページ | W杯も聞き取れるととうれしい »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30