無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 勉強しているのにできない!というとき | トップページ | 意識の向くところ »

英語を勉強する意味

Rimg1993

自家製ミニトマト。黄色いのは甘く、赤くて長細いのは固い。
家族の努力の結晶です。

さて、「塾で教え始めてから気づいたこと」シリーズの続き。

英語塾をやっていて思うことは、「なぜこんなにみんな
英語を勉強するのか」ということ。

多くの人にとっては、学校の成績のため、受験のため、ですよね。

であるならば、塾に行くという選択肢をとる前に
学校の勉強(宿題、予習、復習、テスト勉強)をひととおりやる
ことです。それをやった上で、「わからない…」のであれば、
塾に行くこと。そして、塾でのアドバイスを実行することです。

ひどく当たり前のように聞こえるかもしれないけれど、
15年、20年前と違って、今は塾に行くのが当たり前に
なりつつある時代。問題を前に「う~ん…」と悩む前に
塾で問題の解き方を教わっています。

「う~ん…」と悩む時間が本当は一番大事。塾に行くのは
いいけれど、ただ解き方を教わるだけではもったいない。
「わからないところを教えてもらいにいくのが塾」という
気持ちで行けば、得るところは大きいと思う。

きれいごとのように聞こえるし、まさに大人が言いそうな
ことだけれど、大人にも必要な考え方だと思っています。

英語を勉強してできるようになれば楽しい。新しい視点が
身につく。忍耐をつけることができる。自分とは異なる価値観を
一つひとつ受け入れる能力を身につけることができる。
まったく知らないことでも勉強したらできるようになる。

そういう感覚を身につけることこそ、英語を勉強する意味だと
思いつつ、暑さの中、今日も指導の準備をしています。

« 勉強しているのにできない!というとき | トップページ | 意識の向くところ »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語を勉強する意味:

« 勉強しているのにできない!というとき | トップページ | 意識の向くところ »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30