無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 飯田橋の2日間 | トップページ | 英単語は写経のつもりで練習する&三島で塾を開きます »

集中するってどういうこと?

「集中して!」とか「集中しなければ!」と人はよく
いいますし、私もそんなことを考えることがあります。
このことについて、最近よく思うことがあります。

「集中している」ってどんな状態?

ということ。

「集中しなさい!」なんて先生から言われると
(ええ、私もつい言ってしまいますけれど)、
「集中しなきゃ」と唱えながら体を緊張させることが
集中と思う向きもあるんではないか?

でも違う!

そうしたら読んでいた本にヒントがありました。

ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)

「ツキの正体」

著者   桜井章一
発行   幻冬舎(新書)

「池の中に小石を放り込むと、波紋が広がっていくでしょう。
私にとって『正しい集中』とは、あのイメージです。自分の
波長が、円形となって、1メートル先へ広がり、2メートル先へ
広がり、そしてもっと先、目に見えないところまでずーっと
静かに広がっていって、何かに触る。それが集中であり、
感覚なのです。」

「集中とは、丸い感覚で、180度のものが見えている状態です。
感覚とは、ふわっとした、柔らかいものなのです。」

そうそう、集中とはこういう感覚でした。おそらく何かの
瞬間にみんな体験したことがあるはずです。一つのものに
意識が向かいながら、他のことも見えている。そういう感覚。

英語を教えるとき、一つのこと、例えば過去形の作り方に
ばかり意識が向いてしまうと、文章のはじめの文字は大文字だった
よねとか、最後にクエスチョンマークをつけるんだったよねとか
そういうことを忘れてしまう。過去形を習っているからといって
他を見なくていいってことではないですからねえ。

集中が感覚ならば、体験から学べる。
その感覚を探れるようになれば、集中力は手の上に乗っている
のも同然、と思います、はい。

8月最後の一日はこんなふうにお勉強。

Rimg2097

ウジトモコさんの本と、小林章さんの本。
へ~、こんなこと考えてるのか、デザインの人は!と
新鮮な気持ちで読んでます。

« 飯田橋の2日間 | トップページ | 英単語は写経のつもりで練習する&三島で塾を開きます »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

ウジトモコさま、

コメントをいただいてびっくり、ありがとうございます。

ホームページを作ろうと思っていたときに
ご著書に出会いました。付箋を貼りまくり、勉強中です。

「実践講座」を参考に一人勉強会を開いてます!

「視覚マーケティングのススメ」著者のウジトモコです。はじめまして。書籍のご紹介ありがとうございます。

写真に付箋を沢山貼って頂いているのを発見しまして、大変に嬉しくなりました。お役に立てたのなら幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集中するってどういうこと?:

« 飯田橋の2日間 | トップページ | 英単語は写経のつもりで練習する&三島で塾を開きます »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30