無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 全体像を見てみよう―英語の場合 | トップページ | 9月から… »

1日で英語を話せる方法?そして切り絵バス

切り絵バス
切り絵バス

切り絵が窓ガラスに貼ってあるバスに乗りました。
現在、伊豆箱根鉄道・伊豆長岡駅から三津シーパラダイス行き
の路線で運航されています。たぶん。

これを見るだけでも、このバスに乗る価値あり!
親戚の子どもと乗ったら、話が盛り上がりすぎて
バスの中に痛恨の忘れ物。それくらいカワイイです。

さて、そんなステキなバスの中で「一日で英語を話せる
方法」につしてつらつらと考えてみました。
果たしてそんなことができるんだろうか?

ズバリ、「使う単語は3つにする」なんでいうのはどうでしょう。

普段、私たちは日本語で考え、話しています。たとえば、
「昨日、何をしましたか?」と聞かれたら、
「昨日は~~~~~~~で、………………だったので、
△△△△△△したよ!」と答えることが多い。

これを「△△△△△△したよ」だけします。
日本語では通常、主語は省略されるので、
主語を補います。この場合は「私は」に当たる I 。

それから、結果として言いたい「△△△△△△」を
1つか2つの単語で言います。動詞だけなら1語で
済む場合もあるし、必要なら目的語(「~を」にあたる
言葉)を入れます。

これで2つか3つの単語で答えられます。

私たちが日本語で考えていることって、かなり高度なこと。
それをそのまま英語で言うのは、正直骨が折れますし、
そのまま言っても意味が通じないこともあります。文化が違うので。

英語は「誰が何した」を最初に言うので、
それはそのまま、「英語的に考える方法」のトレーニング
にもなります。

「誰が何した」という短い言葉のほうが伝わります。
「いろいろ言ってみたけれど、結局伝わらない(涙)」という方に
お勧めです。

お試しあれ。

« 全体像を見てみよう―英語の場合 | トップページ | 9月から… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1日で英語を話せる方法?そして切り絵バス:

« 全体像を見てみよう―英語の場合 | トップページ | 9月から… »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30