無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« カタカナから英語へ | トップページ | 初めの一歩~英語の場合 »

How come?

これは自信をもって言えるのだけれど、

"How come?"
「なぜ?」

という表現を私は約20年前に生の会話で聞くまで知りませんでした。
(もうそんなに経つのか…)学校では習わなかったし、映画を見ても
そこまで聞き取れるほどの力はなかったし、で。

今は会話入門の本でも見たことがあるくらい、
普通の会話で使われる表現です。

会話の途中でわからない単語が出てきたときに辞書を引ければ
いいのだけれど、その場で引けないときもある。キーワードは
「それってどういう意味?」と聞いたほうがいい。
でもそうでなければ話の流れで考える。

そしてあとで辞書を引きます。

それから、なぜ how + come = why? なのかを考える。

大抵は考えてもわからないので、辞書をさらに読みますと、
「"How did you come to ~"を意味する決まり文句で、
古い英語の名残り」と書いてあります。
(ジーニアス英和辞典 大修館書店)

これでまた一つ表現を覚えた、というわけです。

私は暗記が苦手だったので、単語集を頭から覚えるという
のはやったことがありません。(すぐにくじけてできなかった
だけ…)。それが苦にならない人はやったほうがいいです。

でも、苦になる人、そして楽に覚えたい人は教科書でも
何でも読んで、出てきた単語の辞書を引き、その項を
しっかり読むことをおススメします。

ポイントは、「意味を見る」のではなく、「読む」こと。
やってみる価値大!です。成果はすぐに出ないけれど
かならず成果はあるのであせらずに。

余分なことはせず、ただただ淡々と、です。

日本語は生まれてからずっと耳にしてきたからこそ問題なく
聞き取れる。英語は外国語なんだから、誰でも時間を
かければある程度は覚えられるよ、というスタンスで教えてます。

« カタカナから英語へ | トップページ | 初めの一歩~英語の場合 »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: How come?:

« カタカナから英語へ | トップページ | 初めの一歩~英語の場合 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30