無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 旬の英語 | トップページ | Rちゃんが教えてくれたこと »

文型はお早めに♪

英語の5文型は早めに確認しましょう、というお話。

手元に2種類の中学英語の教科書がありますが、
New Horizon(東京書籍)では中学2年で、
Sunshine (開隆堂)では中学3年で
全部の文型を習い終えます。

さて、その5文型とは何ぞや?
詳しくは参考書などで見てもらうとして、
種類だけ書いておきます。

第1文型  S+V
第2文型  S+V+C
第3文型  S+V+O
第4文型  S+V+O+O
第5文型  S+V+O+C

S=主語、V=(述語)動詞、C=補語、O=目的語

多分、英語から遠ざかっている大人の方は
「あ~、そんなのあったね。でもなんだっけ?」と
忘れていると思いますが、実はとてもとても大事です。
これだけで英語の構造全部を説明できるわけでは
ないんですが、「基本のき」、これが出発点といえます。

私は中学2年以上の生徒には文型を説明しています。
文型を覚えるのに一番効果的と思うのは、説明を
聞いたり読んだりしたあとに自分で頭を抱えて考えることです。

自分でルールを探すのです。単語に惑わされることなく
よ~くよく見ます。いろいろな文章を比べるのです。
そうすれば区別がつくようになります。

参考書、問題集、世の中いろいろな教材があります。
図書館にも英語学習のための教材があります。
なんでも使って勉強しときましょう。

最初はうっすらとでもわかればよしとします。
何度も練習するうちに、区別がつきます。

単語を覚えつつ一つひとつ文法事項を覚えるだけで
精一杯だよ(涙)、という人も多いかもしれませんが、
文型がわかればアタマがすっきりします。

道路でいうと、幹線のようなもの。ここを押さえずには
話は進まないよね、というものです。

やる価値あり!です。

学校では詳しく教えないかもしれないですが、
「学校で教えてくれないから!」と言わずに
自分でやることをお勧めします。それが
「自分のことは自分でなんとかする」という
生きる力にもつながります。

勉強することの意味の一つはそれです、きっと。

« 旬の英語 | トップページ | Rちゃんが教えてくれたこと »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082573/36893659

この記事へのトラックバック一覧です: 文型はお早めに♪:

« 旬の英語 | トップページ | Rちゃんが教えてくれたこと »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30