無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« How come? | トップページ | 「理由を探す」から「やってみるか」へ »

初めの一歩~英語の場合

最近、「英語を勉強するときに何が大事か」を
よく考えます。塾を開くまであまり考えかなったテーマです。

そして、出てきた答えの一つが、

「余計なことを考えずにやること」

です。拍子抜けするくらい普通のことなのですが、
たぶん何をやるにせよ、このくらいの適当さがいいのでは?

人間誰にでも、思い込みがあって、私にももちろんあります。
そして今の私の立場(翻訳と英語講師)では、英語のついての
思い込みを聞くことが多く、「ふむふむ、そんなふうに
考えているのか~」と感心します。

例えば、

・単語が覚えられなければ英語はできない
・好きならできるようになる
・教え方がよければできるようになる
・小さいうちから習っていないからだめ
・学校英語なんて役に立たない
・学校英語より英会話学校のほうが役に立つ
・英会話学校は役に立たない
・アメリカ人やイギリス人に習うべき
・アメリカ人やイギリス人に習うべきではない
・先生の教え方が悪いからできない
・会話中心にすべきだ
・文法中心でなければならない
・きっとできない

などなどなど…

おそらく、周りの人から聞いた言葉とご自分の経験が一体化して、
一つの枠ができるんだと思いますが、英語が比較的
得意な人を見ていると、思い込みが少ないように感じます。

淡々とやることやったからできた、とでも言いましょうか。

世の中、英語が好きな人も嫌いな人もいます。好き嫌いに
かからわず、得意な人も苦手な人もいます。得意だったから
好きだったけれど、難しくなって苦手になったら嫌いに
なったという人もいます。逆もいるでしょう。

教科としての英語を考えた場合、講釈はおいておいて、
まずはやってみればいい、わからなかったら先生や友だち、
家族などに聞けばいいし、教科書や参考書を読めばいい。

それでもだめなら塾に行けばいい。

ああだから、こうじゃなければ、といろいろ考えていても、
人生思い通りにいくことは少ない。先生やら環境など条件が
整っていない!と考えるとストレスがたまります。

教え方の格別にうまい先生に当たったら、もしくは自分と
相性のいい先生に当たったら、「先生なんだから当然!
ほかの先生もかくあるべし!」と思うよりも、ラッキー♪と
受け取っておいたほうがよさそう。

まあ、そういう私にも思い込みはありまして。
そこから自由になるには、何にせよ淡々とやることだなあと
思う今日この頃なのです。

■静岡県伊豆の国市・三島市で英語塾を主宰しています。
HPは鋭意作成中でございます。

« How come? | トップページ | 「理由を探す」から「やってみるか」へ »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めの一歩~英語の場合:

« How come? | トップページ | 「理由を探す」から「やってみるか」へ »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30