無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« あらためてウジトモコさんの本 | トップページ | How come? »

カタカナから英語へ

今日の朝、TOTOの歌が頭の中に回り始めました。
なんでだろう。

1980年代前半の曲ですが、特に洋楽好きだった
わけではない私でも覚えてます。そういう時代だったんですね、
1980年代は。

さて。

英語を勉強するときには単語を覚える必要があるので
塾でも教えています。単語さえ覚えればいいんでしょっ
と言う人もいますが、そうではないんです。

まあ、それについては別の機会に書くとして。

単語を覚えると言っても数が多いので、覚えられない!と
ココロがくじけてしまう人は多いですよね。そんな状況を
打破する一つの方法は氾濫する外来語を利用すること。

たとえば、ファスナー。これは英語では fastener。
カタカナから想像すると、fasner と書きたくなります。

しかし、「しっかり固定する、留める」という意味の動詞
fasten が元にあって、それに er (「モノ」を意味する名詞を
作れる)がついたものが fastener、 と覚えれば
つづりも意味も同時に覚えられる。ちなみに t は発音しない。

外国行きの飛行機では、

"Please fasten your seatbelt."
「シートベルトをお締めください」

という放送があるよ!という覚え方もよろしいかと思います。

多分高校の先生が教えてくれたんだと思いますが、
「へ~」と単純に面白がった記憶があります。だから、辞書を
引くのもそれほど苦にはならなかったような気がします。

単純に英語の先生を尊敬してましたし。

自分と関係があること、雑学として面白い言葉の起源を
調べると、学校の教科書に出てこない単語でも覚えられる。
効率は悪いようでいいのです。

ああこれいいかも、と最近思った例は、「エクステ」。
付け毛、かつらの一種です。エクステンションを略した
言い方で、英語では (hair) extension。

エクステとは元々短い髪を長く見せるために使うもの。
髪を「伸ばす」ということだと考えれば、extension の意味が、
「延長、広げること」の意味だと覚えられます。

そして、その動詞が extend (「延長する、伸ばす」の意味)
であることもついでに見ておけばよし。

そんなふうに覚えていけば楽しい。ただ、すべて人まかせ
だと、時間がかかってしょうがないので、自分で辞書を
引くのがベストです。たとえば、こんなやり方はどうでしょう。

「気になるカタカナの外来語の音からつづりを想像して
辞書を引く、見つからなければつづりを変えてまた辞書を
引く、するとなんとなく近い意味の言葉が見つかるので
その項をよく読む。そうすると、単語のイメージがつかめる
ようになるし、音とつづりの関係がわかりるようになる。」

つまり、一石二鳥。

面倒?かもしれませんね。しかし世の中多くの場合、
「面倒」の先に「面白い」があるんだと思います、たぶんね。

« あらためてウジトモコさんの本 | トップページ | How come? »

音楽」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタカナから英語へ:

« あらためてウジトモコさんの本 | トップページ | How come? »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30