無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Rちゃんが教えてくれたこと | トップページ | 常識を疑え!~「常識でしょ」のあとで »

秋の雲、そして「常識とは何か」

Rimg2146

雲に西日が反射して金色になっていました。

さて、常識とは何か?

と考えさせられる場面が続きまして、自分の思いこみやら
偏見に気づいたり、まあ、妥当な判断をしているじゃないか
と自分をなぐさめたりしています。

英語塾って、英語を教えるだけじゃだめなのね、と思ったり。

常識ってどこで線を引いたらいいんでしょうね。
多分、これまでの自分の環境に触発されて、自分の
中に「常識ライン」ができるんですよね。

世間の常識っていうのもありますが、昔に比べ
その存在はものすごく希薄になっています。

たとえば、南アフリカ。W杯サッカーにちなんで、ですが、
南アフリカが国だと知らない人が周りにいたので、
「南アフリカが国だということは常識ではないのか」と
友人に聞いたところ、その友人の周りでも
知らない人が続出。笑えない話になりました。

南アフリカが国だって、小学校で習ったじゃん!国の
名前も場所も、おまけに都道府県の名前も覚えたじゃん!
と言いたいのですが、文科省の方針が変われば、教わることも
変わるし、そうなれば学校で教えないんだから別に知らなくても
いいんじゃないの?と思う人も出てくる。

その結果、南アフリカが国だと知らなくても、「常識に
欠ける」とは言えなくなる。でもそれでいいのか?
学校で教えないからといって、知らなくてもいいのか?

そういう疑問に突き当たります。

しかし、「常識でしょ」と思う基準が単に「私が知っていること」
であることもあります。「私=常識」。これはいただけない。
なぜなら分野が違えば一転、私は非常識派だから。
例えば、電気の直流と交流の違いがわかりません!

テストのときにはがんばって覚えたはずなんですが(涙)。

個人的には南アフリカが国であることは常識であってほしい
と思います。なぜなら、英語のテストの問題文に出るでしょ。
「このくらいは知っていて当たり前でしょうね」という前提が
あるからこそ問題文に出るってもんです。

テストに出るから知ってなきゃだめと言うのは変な話だけど、
英語以前の知識で差が出るのは損だし、いろんなことを
知っておくのは基礎体力をつけるようなもんだと思います。

いろいろな野菜を食べよう!っていうのと同じで。

ではどうすればいいのか?

解決法の一つは新聞を読むこと。これは実体験から
「面白く役に立つ方法」だと確信しています。
小学生だって読める記事はあります。

ドラえもん(朝日新聞)やポケモン(読売新聞)を
探すだけじゃもったいないよー、と思う今日この頃。
(新聞のページをめくって載っているドラえもんやポケモンの
絵を探そうキャンペーン?がやっているのです。)

« Rちゃんが教えてくれたこと | トップページ | 常識を疑え!~「常識でしょ」のあとで »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の雲、そして「常識とは何か」:

« Rちゃんが教えてくれたこと | トップページ | 常識を疑え!~「常識でしょ」のあとで »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30