無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« "Excel through competition" | トップページ | ゆずが色づくころ&「人のココロを変える」? »

なぜ英語を勉強するのかを考えてみました

日本で中学生になると、外国語(主に英語)を学ぶこと
になるのですが、今さらながら、「どうしてか」を考えてみました。

昔むかーし、教員免許を取ったのですが、「なぜ日本では
中学に入ると英語を学ばなければいけないのか」まで
考えたことはありませんでした。思えばのん気は話で。

きっと、政府や学校の公式見解はあると思いますが、
ここでは自分の頭で考えることが大事、ってことで
勝手に考えてみます。あしからず、です。

まずいちばん最初に思いつくのは、理念的なこと、
つまり、「世界にはいろいろな国がある。日本だけじゃない。
いろんな国があるということを知るための手段として
外国語を学ぶのは大切なんだよ」ということ。

ありそうですね。地理を学ぶのと同じ主旨、かな。

それから、次に思いついたのは実利的なこと。
「日本は天然資源に乏しいので、いろんな国と貿易をしたり
仲良くしないと生きていけません。そのためには世界で
よく使われている英語を勉強しておくことが必要です」

これが現在の社会ではいちばん大きな理由になっている
ようです。社会のため、そしてもちろん、自分のため。
「英語くらいはできないと」という考え方はこれと一緒。

でも、英語を使わないで生きていく人は世の中、山ほど
いるわけで、これがメインの理由とは考えにくい。
数学を学んだって、みんなが学者になるわけじゃないし。

それから最後にもう一つ、私にとっていちばんしっくりくる
考え方なのですが、それは「自分にとって未知の世界に
取り組む方法論を学ぶ」ということです。

英語塾を始めようと思ったときに、「なぜ中学生、高校生は
英語を学ばなければならないのか、私が教える必然性は
あるのか」と延々と考え続けて出てきた答えでもあります。

私はこういうことを考えてしまうややこしい性質なのです。
他の人にはどうでもいいことなんでしょうけれどねー。

私は英語が好きだったので、勉強するのに理由はいらなかった
のですが、世の中、英語やそのほかの外国語が嫌いな人も
いるわけで、そのような人まで義務教育で英語を勉強する
理由はなんだろうか、必要なんだろうか、と思ったわけです。

その結果、「英語もしくはそのほかの外国語の
学習を通じて新しい世界へのドアを開ける方法を学ぶ
というのが英語(外国語)を学習する意義」という結論に
たどりつきました。

文字も、発音も、文法も、イントネーションも違う外国語に
取り組むことは、未知の世界で使われているルールを学ぶ
ということ。必ずルールは存在するから(例外が多くとも!)、
よくよく観察することから始めます。

それって、単に語学だけの問題ではなく、方法論の問題。
相手(外国語)を知り、自分を知ることで理解が深まる。

そんな結論にたどり着いて、今、めでたく?英語教室・塾を
開いています。「難しいよー」「いやだよー」「わからないよー」と
思いながら学ぶよりは、「は~、英語はこんな発想をするのか~」と
気づけば、英語に対する理解が進むんじゃないかと思っています。

つまり、まあ、いろんな野菜を食べようよ、と同じか。

英語の勉強を続けながら、塾で教えながら、
そんなことを考えています。

いや~、今日はずいぶんと語りました。
読んでくれる人がいるんだろうか?

« "Excel through competition" | トップページ | ゆずが色づくころ&「人のココロを変える」? »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ英語を勉強するのかを考えてみました:

« "Excel through competition" | トップページ | ゆずが色づくころ&「人のココロを変える」? »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30