無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« [ | トップページ | 快晴でした&小学生の英語について考えたこと »

「灯し続けることば」から考え+今日の英単語

Rimg2281

玄関の前においてある植木鉢にピンク色のかわいらしい
花が咲いています。今朝は少し息が白くなるくらい寒く
なりましたが、それでもまだ咲いています。

「灯し続けることば」をしばらく前に読み終えたので、
そこからいくつか言葉を拾います。

灯し続けることば

「灯し続けることば」

著者   大村はま
発行   小学館

著者(1906‐2005)は、中学校の国語の先生を52年!務めた教育者。

「いい社会人の大人が、『一生懸命やったんですが、
できませんでした(売れませんでした)なんて言ったとして、
それが何かの言い訳になるでしょうか。『ばかなことを
言うな』としかられるだけではないでしょうか。どんなに
一生懸命やろうと、結果が悪い責任はその人個人が
引き受けなくてはならないのですから。

しかし、教師の世界だけで通用する言い訳があるようです。
保護者を呼んで、『一生懸命指導しているんですが、
お宅のお子さんはどうも成績が上がりませんね。もう少し
おうちで勉強させてください」と言ったりしても平気な
ようです。保護者のほうも大変恐縮して、家に帰って
子どもをしかったり、塾に行かせたりするでしょう。
子ども自身も、『自分の勉強が足りないのだ』と思う
ようになっています。」
(「教師の世界だけで通用する言い訳があるようです」)

「子どもの頭の状態を常に見通していなくてはなりません。
浮かれすぎていたら止めたり、考えの向きを変えさせたり
するのが、教師だからです。『面白かったけれど、力は
つかなかった』では困るのです。」
(「子どもの頭の状態を常に見通していなくてはなりません」)

「私は折にふれて、『子どものコップは小さいから』と思うこと
がありました。飲んだところを見計らって、それから次のものを
入れようとしておりました。なかなか飲まない人もいますし、
早く飲む人もいます。とにかく、飲んでいないコップにまた
入れる、というのは、愚かなことだと思います。」
(「子どものコップは小さいから…」)

教師の責任はとても大きい。この本を読むとそう思います。
著者はとても優しいお顔をしているのですが、本を読むと、
素顔は厳しい教育のプロであることがわかります。

私は「いや、何も先生の責任ばかりじゃないんじゃ…」と
思ってしまいますが、プロだからこそ自分の責任とするの
でしょう。だから教育者なのです。先生はやはりすごい!

やさしく、厳しく、暖かく、というのがやはり教育には
欠かせないんだなー、とゆるい結論に達しました。

<今日の英語>

アメリカの中間選挙では、民主党が歴史的大敗を喫しました。

今、思いましたが、「『大敗』には『喫する』という言葉が続くよ」
ということを私はどこでどこで覚えたんでしょうか?

多分、新聞か本か教科書かテレビです。熟語ノートのような教材
ではないことは確かです。なぜなら、めんどくさがりでそういう
教材はやってこなかったから(それはそれで後悔しましたが)。

だから、国語も英語も、読むこと聞くことが大事。
なんだかこじつけ?いやいや、本当のことですよ、きっと。

話が大幅に逸れましたが、今日の言葉は「民主党」

民主党(アメリカ)  the Democratic Party
民主主義       democracy
民主化        democratization
民主主義者      democrat
民主主義の     democratic

demo- と -cracy で分けて辞書を引いてみましょう!
では、今日はこんなところで。

« [ | トップページ | 快晴でした&小学生の英語について考えたこと »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「灯し続けることば」から考え+今日の英単語:

« [ | トップページ | 快晴でした&小学生の英語について考えたこと »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30