無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 小学3年生にあった英語のヒント | トップページ | "Stunned by the normalcy of the day" »

今だからこそ紙の辞書&鍋を外に

「紙の辞書」と書いている時点ですでに
自分がいまどきの人ではないと感じます。
中学生も電子辞書を持っている時代ですから。

が!

今だから紙の辞書をぜひ!と言いたい。

紙の辞書には電池や充電が要らないでしょ。ある意味、節電です。

紙の辞書を勧める一番の理由は、
「書き込める、線を引ける」ということ。

そして第二の理由は、
「見開き2ページを一目で見られる」ということ。

電子辞書はいまのところではあるけれど、書き込みはできない。
それに小さい。もちろん、持ち運びには便利だけど、
なんせ液晶画面が小さい。よって、スクロールする必要あり。

人間、横着なもので、辞書を引くと大抵、一番上にある
意味をとってきて使う。品詞(ほれ、名詞とか形容詞とか)の
区別なしに、とにかく一番上にある意味を使いたいもの。

それがあかんのですわ。

紙の辞書なら、スクロールしなくても全体を見渡せるし、
品詞別の意味も探しやすい。

というわけで、塾で教えるときには、紙の辞書を使います。

公立中学で使っている検定教科書ではだいたい、教科書の
後ろに単語の意味が載っていますが、単語には一つの
意味も品詞もいろいろあることを知ってもらうために
塾では辞書を引いてもらいます。

面倒だけれどやる価値あり、です。

さて、今日の省エネ。

鍋に水を入れ、フタをして日なたに出しています。
太陽熱でお湯を温める、というやつです。

« 小学3年生にあった英語のヒント | トップページ | "Stunned by the normalcy of the day" »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

ヤスミンさん、

英語のテープ、続いてますね。さすがです。

辞書もいいですよ。テープを聞いてるなら
たまに辞書を引くと、「へ~~~」という
うれしい発見ができますよ。

何でも気長にコツコツと、ですね。

ただ今私の部屋には、処分を躊躇している
ビデオテープとカセットテープが山と
なっています…

実は最近、ずっと仕事しながら英語のテープ(聞くだけで学習できる~、というもの)を聞いてますが、


なかなか覚わらんわ(^^;

やっぱ辞書もいるわね~~~


でも、うっすらと「あぁ、こんな言い回しがあったなぁ」って思いだしたりもして新鮮です。

使えるようになる日は遠そうだけど~~~

気長に。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082573/39621357

この記事へのトラックバック一覧です: 今だからこそ紙の辞書&鍋を外に:

« 小学3年生にあった英語のヒント | トップページ | "Stunned by the normalcy of the day" »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30