無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« もう知らなかった私たちには戻れない~祖父と孫 | トップページ | [ »

私が英語塾でよく言う言葉は…

Rimg1842


春に色づくカエデ。

目の前の山では文字通り、もくもくと新緑が空に向かって
伸びています。美しい季節の到来です。

英語の指導のときに、私はどんな言葉を一番たくさん
言っているのだろうか、と考えてみたところ、
2つの言葉に行きつきました。そのうちの一つが、

●よく見てみ。

「見てみ」って、方言なんでしょうかね。そうでしょうね。
子どものころから使ってます。見てごらん、見て、ってことです。

自分で発見、気づくことより力強いことはないので、
よくよく見てもらいます。例えば、テストでも問題集の解答でも。

本当は人間、自分のできなかったところなんて
見たくない。テストなんて返ってきようものなら、本人としては、

「はいはい、76点ね。まあまあじゃん。おしまい」

としたいもの。そこを、「見てみ」と言って
一緒に間違った答えを見ます。何が違っているのか、
どう考えたらいいのか、ここではどういう文法が使われているのか。

そういうことを解きほぐすと、次につながります。

塾を開いてから面白いと思ったのが、テストの点は気にならない
こと。もちろん、当人にとっては大問題だし、点数を上げたいから
塾に来ているのだから、「何点だった?」って聞きます。

でも、点はあとからついてくるから大丈夫なのです。

さて、最近、「なぜ英語を勉強するのか」という検索でこの
ブログにたどり着いて読んでくれる人がほんのちょっと
ですが増えています。

それはこのエントリーがあるから 
  ⇒  なぜ英語を勉強するのかを考えてみました
      (2010年11月2日)

今は携帯電話に通訳機能がついてくる時代だから、
英語なんて勉強して意味あるの?外国行かないし、
(もしくは、身振り手振りでなんとかなったし)
携帯持ってれば大丈夫じゃん、と思っても不思議じゃない。

英語を勉強するってことは、英語ができるようになる、
例えば、文章を書けるようになるとか、本を読めるようになるとか、
話せるようになる、ことに加えて、
問題解決の能力を育てるってことだと思う。

そう思えば、やっておいて損はしないな。

教えられたことを丸暗記、だけじゃつまらない。
余計なことは考えず、まずよく見る。そこで
見つけられることはたくさんあります。

塾に行っても行かなくてもそこは同じです。

●胸を打つニュース

政治が命を守る。

「普代守った巨大水門 被害を最小限に」(岩手日報)

「信念を貫き村民の命を救った村長」(GIZMODO

« もう知らなかった私たちには戻れない~祖父と孫 | トップページ | [ »

日記」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が英語塾でよく言う言葉は…:

« もう知らなかった私たちには戻れない~祖父と孫 | トップページ | [ »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30