無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« アタマを使って考えた! | トップページ | バジルソースができるまで »

本を読んで、新聞読んで。

嵐の夜に雨戸を閉めて、あるいは風邪を引いたとき布団の中で、
本を読むのが楽しみでした。

そして、小学生のころから、新聞を読んでいました。最初は
アイドルのニュースを読むのが楽しかったです。

英語塾では、本や新聞(日本語の)を読むことを勧めていますが、
自分の趣味を人に押し付けているわけではありません。
もちろん、読みたくなければ読まなくたってOK。

ただ、本や新聞を読む効用は新しい知識を仕入れることだけではない
ことを知ってほしいな、と思っています。

例えば、

○文字を読む癖がつく
○日常会話や教科書で出てこない熟語や表現に出会える
○感動する話や言葉に出会う(こともある)
○社会(教科)がなんとなくわかるようになる
○論理展開がなんとなく身に付く

なんていう効用があると考えています。

なぜこんなことを言うかというと、教えていると、「それって、
英語の問題じゃなくて、そもそも日本語の問題じゃないか?」と
思うようなコトが起きるからです。

よくあるのは、テストの問題の読み違え。
急いでいて問題を読み違え、問題と一致しない答えを書いてしまう。

テストの点から言えば、もったいない、という話になりますし、
日本語で毎日生活しているのだから、日本語を正確に読めるという
のは、勉強を引き合いに出すまでもなく大事、ですよね。

教科書を読んでテスト勉強すれば国語ができるようになる、
というのは、発想が逆でしょう。しかも、私たちは日本語で
英語を学んでいます。だから、日本語(=国語)を理解する力は
英語を学ぶ土台とも言えます。

本当は効用なんて考えず、「続きはどうなっているかな」と
思って本を読んだり、パラッと新聞をめくって驚いたりするのが
いいと思うんです。

本は生きる力を与えてくれますし!

塾ではこんなヒントも投げかけています。
100球投げて、2、3球打ち返してくれば御の字、かな。

« アタマを使って考えた! | トップページ | バジルソースができるまで »

日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読んで、新聞読んで。:

« アタマを使って考えた! | トップページ | バジルソースができるまで »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30