無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 小さな小石を大海に投げるがごとく~ちょっとかっこつけました | トップページ | 昨日に続いて「がんばる」ことについて »

今日は「がんばる」ことについて考えてみました

タイトルどおり、今日は「がんばる」ことについて
考えてみました。

ヒントになったのが次の2冊。




「『弱くても勝てます』 開成高校野球部のセオリー」
著者 高橋秀実
発行 新潮社

「試験勉強という名の知的冒険」
著者 富田一彦
発行 大和書房

結論から言うと、2冊ともとても面白かった。

「弱くても…」のほうは、「へ~」と感心したり、爆笑したり
涙がじわっとわいてきたりと、エンターテインメント性があり
楽しく読めます。

って、これじゃあ、内容は全く伝わりませんよね…

「週に1度しかグランドが使えない野球部がどうやって勝つのか」
というのがテーマのノンフィクション。そこに開成高校野球部という
エッセンスが加わっています。この掛け算で常識を超える?
理論が導き出されるのですが、そこがこの本の大きな魅力の一つです。

そして、「試験勉強…」のほうは、受験生向けのように見えるけれど、
話自体や発想がとても面白く、受験生じゃなくても楽しめます。
勉強と試験について、一般的に常識と考えられていることが
正しいとは限らないことを見せつけてくれます。

この2冊を読んで考えたのが、「がんばる」ことについて。

日常生活で

「がんばります」
「がんばってね」

と言ったり、声を掛けられたりします。

でも「がんばる」ってどうすることを指すんでしょうか?

私はずっと

「体に力を入れる」

というイメージを頭に浮かべていましたが、実は逆効果だったんじゃ
ないかと数年前に気づきました。瞬間的に力を入れるならともかく、
ずっと力を入れていたら、柔軟性は失われ、緊張は高まります。

間違ったイメージとともに残念な学生時代を過ごしたというわけです。

そう言えば、会社勤めていたころ、

「瞬間的に正しい判断をするには、リラックスしていることが必要」

とのアドバイスを大先輩に教わりましたっけ。

さて、この「がんばる」ですが、勉強では、

・長時間、勉強すること
・難しい問題にチャレンジすること
・人よりよい点を取ることを目指すこと
・たくさん問題を解くこと
・問題集をたくさん買うこと?
・気持ちを盛り上げる

などなど、人によって「がんばる」の内容が違います。
たぶん、「長時間、勉強すること」と考える人が一番多いのでは
ないかと思います。「気持ちを盛り上げる」も多いかな。

しかし、内容が曖昧の「がんばる」ことにこだわったけど、結果が出ない
ということもあるんじゃないだろうか。

がんばっていても、的を外していてはとてももったいない。
でも、自分じゃ気づかないことも多々あります。私もそうでした。

的外れになっていることに気づくポイントがあるとすれば、

「こんなにがんばっているのに結果が出ない」

と長い間、思っているかどうか。こういう状態があまりにも
長く続いたら、たぶん、的から外れてます。「気分を盛り上げる」
に至っては、具体的な行動じゃないですからねえ。

適切に「がんばる」には、的を外していることに気づくのが
一番大事です。気づいたら修正できるから。

・気づいたら、自分でやり方を変えてみる、
・友達、先生、ご両親、塾の先生など、第3者に話をしてみる

のが、解決の第一歩です。

やっぱり「認識する」ってここでも重要、というお話でした。

« 小さな小石を大海に投げるがごとく~ちょっとかっこつけました | トップページ | 昨日に続いて「がんばる」ことについて »

写真」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1082573/49087702

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は「がんばる」ことについて考えてみました:

« 小さな小石を大海に投げるがごとく~ちょっとかっこつけました | トップページ | 昨日に続いて「がんばる」ことについて »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30