無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« センター試験対策を考えているこの頃 | トップページ | 夕日一歩手前 »

英語と国語

英語を教えていると、国語あっての英語、と思うことがあります。

あまり英語の外へ外へと話を広げていくと収拾がつかない、とも
思わないでもないけれど、日本語で英語を勉強している以上、
「英語は英語、国語は国語」とは割り切れない。

それは中学でも高校でも同じです。

私が教える仕事をするなかで実感しているのは、

「本を読む人は問題の読み間違いが少ない」

ということ。

英語でも日本語でも、読むことに慣れることは
とても大切なんだな、と改めて思います。問題を解く前に
問題を読み間違えていたら、もったいないことこの上ない。

日本語を読みなれている(これ自体、変な日本語…)人は
英語の読み間違いも少ない気もします。

しかも、大学入試になると、現代文の文章も簡単ではないので、
それなりに読むことに慣れていることが大切でしょう、たぶん。
(国語の参考書にはなんて書いてあるんだろう。)

慣れは「今日やって明日できる」というものではない。
というわけで、塾では「(日本語の)本を読んで」と言っています。

こんな学校もあるそうです。
「朝の読書、論語音読、日本語授業…
注目集める「国語力」強化校 英語偏重に警鐘
(産経新聞ニュース・West ライフ)

« センター試験対策を考えているこの頃 | トップページ | 夕日一歩手前 »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語と国語:

« センター試験対策を考えているこの頃 | トップページ | 夕日一歩手前 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30