無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« まず知る必要があるのは構造です―その2 | トップページ | クセを直す~英語の場合 »

気持ちのスイッチを切り替えるのは自分、と思う

三島市の公園にて。
光っているのは公園の木陰を流れる小川。涼しげ。

教える仕事をしていて気づくことがある。

「勉強したくない」から「やろう」もしくは「やらなければ」
に気持ちのスイッチを切り替えるのは勉強する本人だということ。

当たり前のことだけど、私に「できるようになってほしい」という
気持ちが強すぎると、「なんとかして勉強してもらわねば…」とか
「勉強させなければ…」という執着心が生まれる。とほほ。

でも、勉強するのは私じゃない。

勉強する、しない、を決めるのは私じゃない。

本人以外が決めることはできない。

本人が第3者の意見を聞いて、心が動かされることがあっても、
それは本人がその意見を受け入れたから。受け入れない自由だってあるし、
そもそも受け入れなくたって悪いことじゃない。

本人がスイッチを切り替えられる環境を作るのが私の仕事。
切り替えるのは本人だ。

自分で「やる」と決めると、大きな力が湧くようです。
塾を始めてから4年間のうちにそういう瞬間に何度か出会いました。

私のような第3者が見ても、切り替わったことはわかります。

それは、考え方が

「教えてもらうからできるようになる」から
「勉強したからできるようになった」に

切り替わる瞬間でもあるように思います。

そういう瞬間に立ち会ったとき、人間の力を感じて
感動の涙が湧いてきます(そりゃ、教えているときは泣きませんよ)。
それまでの紆余曲折を思い出せば、目も潤むというもの。

個人塾で教える醍醐味ですね。

夏休み講座を実施します。通常より指導時間を延長します。
ご関心のある方は「メール送信」よりお問い合わせください。

« まず知る必要があるのは構造です―その2 | トップページ | クセを直す~英語の場合 »

日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

静岡県東部・伊豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちのスイッチを切り替えるのは自分、と思う:

« まず知る必要があるのは構造です―その2 | トップページ | クセを直す~英語の場合 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30