無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カタカナから英語へ

今日の朝、TOTOの歌が頭の中に回り始めました。
なんでだろう。

1980年代前半の曲ですが、特に洋楽好きだった
わけではない私でも覚えてます。そういう時代だったんですね、
1980年代は。

さて。

英語を勉強するときには単語を覚える必要があるので
塾でも教えています。単語さえ覚えればいいんでしょっ
と言う人もいますが、そうではないんです。

まあ、それについては別の機会に書くとして。

単語を覚えると言っても数が多いので、覚えられない!と
ココロがくじけてしまう人は多いですよね。そんな状況を
打破する一つの方法は氾濫する外来語を利用すること。

たとえば、ファスナー。これは英語では fastener。
カタカナから想像すると、fasner と書きたくなります。

しかし、「しっかり固定する、留める」という意味の動詞
fasten が元にあって、それに er (「モノ」を意味する名詞を
作れる)がついたものが fastener、 と覚えれば
つづりも意味も同時に覚えられる。ちなみに t は発音しない。

外国行きの飛行機では、

"Please fasten your seatbelt."
「シートベルトをお締めください」

という放送があるよ!という覚え方もよろしいかと思います。

多分高校の先生が教えてくれたんだと思いますが、
「へ~」と単純に面白がった記憶があります。だから、辞書を
引くのもそれほど苦にはならなかったような気がします。

単純に英語の先生を尊敬してましたし。

自分と関係があること、雑学として面白い言葉の起源を
調べると、学校の教科書に出てこない単語でも覚えられる。
効率は悪いようでいいのです。

ああこれいいかも、と最近思った例は、「エクステ」。
付け毛、かつらの一種です。エクステンションを略した
言い方で、英語では (hair) extension。

エクステとは元々短い髪を長く見せるために使うもの。
髪を「伸ばす」ということだと考えれば、extension の意味が、
「延長、広げること」の意味だと覚えられます。

そして、その動詞が extend (「延長する、伸ばす」の意味)
であることもついでに見ておけばよし。

そんなふうに覚えていけば楽しい。ただ、すべて人まかせ
だと、時間がかかってしょうがないので、自分で辞書を
引くのがベストです。たとえば、こんなやり方はどうでしょう。

「気になるカタカナの外来語の音からつづりを想像して
辞書を引く、見つからなければつづりを変えてまた辞書を
引く、するとなんとなく近い意味の言葉が見つかるので
その項をよく読む。そうすると、単語のイメージがつかめる
ようになるし、音とつづりの関係がわかりるようになる。」

つまり、一石二鳥。

面倒?かもしれませんね。しかし世の中多くの場合、
「面倒」の先に「面白い」があるんだと思います、たぶんね。

Frank Sinatra

クリスマスもあと1時間弱。
大御所の歌で締めくくろう。

"Have yourself  a Merry Little Christmas"
歌はFrank Sinatra。

Have yourself a merry little Christmas,
Let your heart be light
From now on, our troubles will be out of sight

Have yourself a merry little Christmas,
Make the Yule-tide gay,
From now on, our troubles will be miles away

Here we are as in olden days,
Happy golden days of yore.
Faithful friends who are dear to us
Gather near to us once more.

Through the years we all will be together
If the Fates allow
Hang a shining star upon the highest bough.
And have yourself a merry little Christmas now

映像というかバックの絵がまた素敵なのです。
実際に雪が降ったら大変ですが。

ではでは、Merry Christmas!

ステキ産業についての考察

このごろ、伊豆にもステキなお店や
カフェがたくさんあって、私はそういった
ものに大変心慰められています。

そういったお仕事を敬意を込めて、
「ステキ産業」と呼んでいます。

大都会ではないこの地域で
「ステキ産業」で活躍する人には
共通の特徴があって、それは、

・地道にコツコツと自分の世界を作っている
・価格は比較的高め
・企業体ではなく、個人事業として勝負
・雰囲気は自然、他人への強要なし
・「これだけはゆずれない!」という信念あり
・トータルでセンスがステキ
・ステキ産業に属する人たちの間で
 ゆるいつながりがある

ということです。(私が見るところ、ですが)

要は、一朝一夕にできる仕事ではないということ。
仕事というより、ライフスタイル、生き方そのもの、
と言ったほうがいいかもしれません。

「ステキ産業」向きの性格もありそうです。
「ステキ」と思うモノへの投資を惜しまない姿勢が
やはり「ステキ産業」の人々には見られます。

振り返って、私は「ステキ産業」向きではないと
自覚しました。「ステキなもの」や「ステキなこと」は
好きですが、投資意欲はありません。

だからこそ、英語教室や翻訳という実利?の
仕事をしているんだと思います。これでなかなか
私にとっては刺激的な仕事なんですが。

というわけで、今後も「ステキ産業」の顧客および
ウォッチャーとして観察を続けようと思います。
お客がいなければ「ステキ産業」も
成立しないのですから、重要な役割!というわけです。

伊豆とは関係ないですが、
「ステキビジネス」全国版の代表の一人は
原田知世かな~と思いつつPVを見ました。

『ロマンス』、1997年の曲とは思えん。

ベストセラー系3冊と伊豆在住のフラメンコユニット

ここ最近、ベストセラー系の本3冊を読む。
1日の夜はフラメンコギターとダンスの
セッションをたまたまライブで見て感動。

「この世でいちばん大事な『カネ』の話 」

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

著者   西原 理恵子
発行   理論社

「たとえ最下位だろうと、どこがどう最下位なのか、
自分のことをちゃんとよくわかれば、
勝つ目は必ず見えてくるはず。

わたしは、自分をそう励ましながら、
来る日も来る日も描いて、描いて、描きつづけた。

今振り返っても、当時のその考え方は、
まちがいではなかったと思う。

たとえば野球だって、バットを一日中
振っていれば、ねらったところまで球を
飛ばすのがどんなにたいへんか、自然と
わかるようになる。それとほぼおんなじよ。

自分の得意なものと、自分の限界点を
知ること。『それなら、ここで勝負だ』って、
やりたいこと、やれることの着地点を
探すこと。それって、ちょっとスポーツ選手
みたいなところがあると思う。

できないとはっきりわかっていることを、
いつまでもがんばっていたってしょうがないし、
『あそこではなく、ここでがんばるんだ』って
決めたら、『ここ』のいいところだって
見えてくるからね。」

「『才能』っていうのは、そんなふうに、
自分だけじゃわからない、見えてないものだと思う。
自分で『こうだ』と思い込んでいることって、
案外、的外れだったりするからね。」

非常にまっとうなお金と人生の話。
「生きる」=「働く」。著者はそういってます。
金儲けの本じゃありません。

「王の道」

王の道

著者   飯田絵美
発行   メディアファクトリー

「巨人での監督時代の二の舞になっていると理解しながら、
王はあがいていた。浮き彫りになる選手やコーチ
との溝。練習やミーティングで、試合中でも、常に
いらだち声を荒げた。怒られた選手はますます
萎縮した。試合に負けて怒鳴り声が響くミーティング
で、コーチは下を向いていた。悪循環の3年目を
終えたオフ。八方ふさがりの王は、ある禅の高僧に
対面した。

『王さん、あなたは奥行きが広い人だけれど、
間口が狭い。もっと聴く耳をもたないと…』

その言葉こそが、王を動かすきっかけとなった。
”変わる勇気”をもたらしたのだ。」

今や「日本の賢人」のような王さんも考えを
変え、スタイルを変えて今に至っている。
自分のやり方を考えさせられた。

「生きかた上手」

生きかた上手

著者  日野原 重明
発行  ユーリーグ

「昔のほうがよかった、などと言うつもりは
ありませんが、ひと昔前と、ものが
あふれるほど豊かないまとでは、居心地
というか生き心地が明らかにちがいます。
いまの世の中を、速さ、豊富さ、効率性
という観点から見れば、さすがにこれらを
必死で追い求めただけのことはあって、
申し分のない状態と呼んでいいでしょう。

けれど、はたして居心地はどうかと言えば、
私には、とてもドライにすぎるのです。人の
ぬくもりや息づかい、手ざわり、肌ざわりが
あまり感じられません。」

先日、仕事で2つの企業を訪問しました。
最近はメールでのやりとりに頼る日々だったので、
人に会って得られる情報量の多さに
びっくり。非言語コミュニケーション
(non-verbal communication)はやはり
かなり重要。

で、フラメンコ。
近くいろんなユニットのライブをやっていると聞き、
遅れて見に行きました、ちょうど
フラメンコを見ることができました。

Raiz de Hiebra (ライス デ イエルバ)
スペイン語で「草の根」という意味だそう。

Youtube で映像を見つけました(音が出ます)。
ギターの西井さんと、ダンサーの須永さんの
ユニットです。伊豆に住んでいるそう。

圧倒された!

静岡、東京などで活躍中とのこと。伊豆でも
いろいろなところでライブが見られるようです。
伊豆でもフラメンコが見られる時代になったか!

昨日の会場は伊豆の国市「ホテルアクアサンタ」でした。

Over the Rainbow

机の上になぜか中学生か高校生の時に
買った本が出ていました。なぜか、といっても
自分以外に出す人はいない。

それはともかく。

ぱらぱらとめくったその本は
"The Wizard of Oz(オズの魔法使い)"

The Wonderful Wizard of Oz (Evergreen Classics)

Author   Lyman Frank Baum

私が持っている本は
語学学習用に編集されたもの。
読んだ形跡なし、というのが寂しい。

ともあれ、そのつながりで
"Over the Rainbow"をYou Tube で聞きました。
こちらです。(音がでます)

キュートな歌声に感動の拍手が鳴り響きます。

映像は"Britain's Got Talent"より。
Paul Potts 氏を発掘したことで有名な番組です。
おまけにPaul Potts氏の歌声も。(音が出ます)

"Over the Rainbow"は映画のために書かれた曲で、
Dorothy 役を務めたJuly Garland が歌いました。
彼女の歌声はこちら。(音がでます。)字幕付きです。

最近思いついて感心したのですが、
rainbow はrain(雨)のbow(弓)なんですよね。
「雨のあとに空に広がる弓」が虹。

なんていいネーミングなんでしょうか。
そして、今までそれに気づかないなんて
なんて間抜けなんでしょうか。

こんな小さな発見もまた楽し。

<今日のひとこと>

沈みゆく太陽を追う夕闇。

Rimg0381














美しいですね。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,438.45
為替レート(対ドル、午後5時)     89.77-79円

出典:  日経ネット  日本銀行

Christmas song! 2

"White Christmas"

written by Irving Berlin
introduced by Bing Crosby

気づけばクリスマスまであと10日もありません。
今日はこちらのブログに触発されて、
"White Christmas"をご紹介。

You Tube で映像を見つけました→こちら(音が出ます)

"I'm dreaming of a white Christmas
just like the ones I used to know."

「昔のような雪のクリスマスを」と歌い上げます。
この曲を聴くと、日本人でもアメリカのクリスマスの風景が
目に浮かぶ、という人も多いのではないでしょうか。

音楽が過去の記憶を呼び起こすということは
よくあることですが、実体験を伴わない記憶
(日本人にとってのアメリカのクリスマス=イメージ)が頭に浮かぶことは
考えてみると、とても不思議なことだと思います。

山下達郎氏の「クリスマス・イブ」を聞くたびに、
JR東海のCMを思い出し、自分の体験でもないのに
なんとなく懐かしい気持ちになるのと同じなのかな。

記憶は都合よく変化するってことでしょうか。違うかも。

<今日のひとこと>

空が明るくなり始めた早朝、ちょっとそこまでお使いに。
街が動き始める時刻。一瞬、旅に出ているような錯覚に陥ります。
一日で最も美しいと感じる時間帯。

Christmas song!

クリスマスシーズン到来。
お気に入りのクリスマスソングの中でも
一番すきなのは、

Chris Rea の
"Driving home for Christmas"

"I am driving home for Christmas
Oh, I can't wait to see those faces"

「家族の元に車を走らせる。クリスマスだから。
みんなの顔を見るのが待ちきれない」

クリスマスを前にした高揚感が
伝わってくる曲。Chris Rea の声も素敵です。

You Tube で映像を見つけました→ こちら(音が出ます。)

この曲が入っているCDはこちら。

Very Best of Chris Rea

1988年の曲だそう。
それなのにちっとも古くない。

クリスマスの準備にいそしむ人々の笑顔が
浮かんでくるような暖かい一曲。

聞き取りやすい英語です。

<今日のひとこと>

ほぼ風邪もなおりました。
健康はありがたいものです。

ただいま、禅の本を読んでいまして、
実践の大切さを実感。これまたクリスマスとは程遠く。

Nana Mouskouri

"The Best of Nana Mouskouri"

アメージング・グレース ベスト・オブ・ナナ・ムスクーリ

歌      Nana Mouskouri  (ナナ・ムスクーリ)
製作    Universal International

ギリシアのスター、ナナ・ムスクーリの
ベストアルバム。1934年生まれだそうです。
70歳を越えているのに、そのようには見えません。

引退ツアーを締めくくる最後のコンサートは
7月にギリシャ・アテネで行われたとのこと。

優しく、伸びやかな歌声です。
ベストアルバムでは "Amazing Grace" "Amapola"
"Yesterday" などの名曲を歌っています。

特に印象的だったのは"Only Love"。
ライナーノーツによると、この曲はフランスの
テレビドラマシリーズ(1984年)の主題歌。

このCDを入手したのは数年前ですが、
今日じっくり聞いてみて、
その歌声の素晴らしさを実感。

心が温まります。
少し寒くなってきたこの時期に
ぴったりのCD。

関心のある方はYouTubeで
どうぞ→ "Only Love" by Nana Mouskuri 
(音が出ます!)

<今日のひとこと>

冬物の服を引っ張り出しました。
少し遅い冬支度です。

<今日の経済>

日経平均(終値)             8,576.98
為替レート(対ドル、午後5時)     97.00-02円

出典:  日経ネット  日本銀行

興奮の出会い、そして Pop Star!

「フロー体験 喜びの現象学」

フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)

著者   M.チクセントミハイ
訳者   今村浩明
出版社  世界思想社

以前から気になっていた本。
今年になってから読みました。

5月24日の日記には、
「これまでに読んだ本の中で
一番いい本じゃないだろうか?」とさえ書いている。

著者が「フロー」とよぶ状態(喜び、創造、生活への
深い没入過程などの例を著者は挙げている)に
入ることで、人は幸福を感じるという。

著者のチクセントミハイ氏は心理学者。博学で、
さまざまな角度から「フロー」について論じている。
その博学ぶりと観察力の鋭さに圧倒された。

私にはとうていその概要を説明できないのですが、
読んでいる間、鳥肌が立つほどの、
そして涙が出るほどの高揚感を覚えました。

「仕事を通して生活の質を高めるには、
二つの補足的戦略が必要である。一つは
仕事はできるだけフロー活動---狩りをする、
小屋を作る、手術をするなどのように---に
似せるよう設計し直さねばならない。しかしまた、
挑戦の機会を認識し、能力を磨き、達成可能な
目標を設定できるよう人々を訓練することによって、
セラフィーナやジョーや丁のような自己目的的な
パーソナリティを発達させるように手助けする
ことも必要である。これらの戦略の一つだけが
仕事をより楽しいものにするとは思えない。
両者がそろうことにより、それらは最適経験に
大きく貢献するのである。」

本文で300ページありますが、
読む価値大!今日、ページを繰ってみて、
足元を見直すきっかけになりました。

お勧めです。

自分の好きな映画や本を取り上げてるんだから、
お勧めなのは当然か。

<今日のひとこと>

平井堅さんの"Pop Star"がお気に入り。

ちょっと切ない気持ちにさせます。

こういう感情の起伏が苦手でしたが、
それもいいものかもしれないと
思うようになりました。大人になったか?

これまでも、これからも、

"Portrait in Jazz"

Portrait in Jazz

演奏  Bill Evans Trio
  piano    Bill Evans
  bass    Scott LaFaro
  drums  Paul Motian

ライナーノーツによると、
1959年12月28日に
ニューヨークで録音されたもの。

私はjazzに詳しいわけではございません。

しかし、Bill Evans のピアノには
物語があると感じます。

もう何十回も聞いているのに、
「よく聞いていたころのあの気持ち」を
思い出させない不思議なアルバムです。

音楽って、昔の記憶を呼び覚ますことが多いのに。

"Portrait in Jazz"を聞くと、
リラックスしながらも、それぞれの曲に集中できる。

2曲目の"Autumn Leaves"はわくわくさせる曲。
私はこの道をいける、って思わせてくれるような。

ちなみに私にとって、
「あのころ」色が強い音楽は、
サザンオールスターズ。

昔はよく、友達がカセットに録音してくれました。
私にとっては大人の音楽に聞こえました。
そう思うと、サザンは長距離ランナーですね。

人がJazz piano に求めるものが
"Portrait in Jazz"には詰まっています。
私のjazz debut がこのアルバムであったことは
とても幸せな出来事でした。

これからも聞き続けるCDです。

<今日のひとこと>

歩いているとき、大概ハナウタを歌ってます。
もちろん、無意識。最近気づいたのは、
そのときの気分によって歌が違うこと。

先日は、浅香唯の歌を歌ってました。
なぜ知っているのか自分でもわからない…

ケツメイシのときもあるんだよー。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30