無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

正しい英語の勉強法?



写真は2013年11月5日から10回にわたって
朝日新聞(夕刊)に掲載された英語学習に関する連載記事です。

テーマは「英語の学習に苦労し続ける私たち」というところでしょうか。

英語学習の現状や英語学習政策の歴史や学習法をめぐる論争など
さまざまな方向から英語学習を切った面白い記事でした。
ご関心のある方はご一読を。

私は自分で何年も英語を勉強し、自分から望んで英語を使う仕事に就き、
今は英語を教えることが仕事の一部となりました。

その間ずっと、抱え続けている問題があります。

「英語の正しい学習法はあるのか」

という問題です。

自分が楽したくて考え始めた問題ですが、今は教える身として
もっとまともに考えています。

その結果、

「入口の勉強法としては暗記と反復練習が正しい」

という答えにたどり着きました。

入口とはごく初歩の初歩のことで、
「それを知らなければ先に進めない」という内容のことを
指す、ということにここではしておきます。

アルファベットや、
"I, my, me, mine, you, your, you, yours"や、
最初に習う文章のことです。

暗記と反復練習とはいっても、工夫次第で楽しくできます。
工夫して、きっちり覚えることが必要です。

これが怪しいとその先も迷路に迷い込む可能性大だし、
これさえしっかりしておけば、やり直すのも比較的楽です。

英語ができない、という人はこの入口を含めた基礎の部分が
かたまっていないことが多いです。その上に難しい知識を
乗せても、「テスト期間だけ覚えている」記憶、となってしまいます。

勉強が進み、知識量が増えると、勉強が少し楽になります。

というわけで、「わからない」と思ったら、思い切って
基礎の基礎にまで戻ってみることをお勧めします。中学生3年生だったら
中学1年の教科書を、高校1年生だったら中学3年生の教科書を
開いてみてはどうでしょうか。

今勉強している内容が簡単に感じられるかもしれないし、
「なんだ、そうだったのか」とわからなかったところに気づけるかもしれない。

「今、目の前にある問題がわからない」というとき、
ヒントは過去にあることが多い。それを見つけられるかもしれません。

といっても、「そんなに簡単にはいかないよ」ということも多いでしょう。
そのときには、友達や学校の先生などの助けを借りる。
塾で質問するという手もあります。

私の塾でも教えています。

いずれにしても、まずは過去の教科書を開いてみよう。

本を読んで、新聞読んで。

嵐の夜に雨戸を閉めて、あるいは風邪を引いたとき布団の中で、
本を読むのが楽しみでした。

そして、小学生のころから、新聞を読んでいました。最初は
アイドルのニュースを読むのが楽しかったです。

英語塾では、本や新聞(日本語の)を読むことを勧めていますが、
自分の趣味を人に押し付けているわけではありません。
もちろん、読みたくなければ読まなくたってOK。

ただ、本や新聞を読む効用は新しい知識を仕入れることだけではない
ことを知ってほしいな、と思っています。

例えば、

○文字を読む癖がつく
○日常会話や教科書で出てこない熟語や表現に出会える
○感動する話や言葉に出会う(こともある)
○社会(教科)がなんとなくわかるようになる
○論理展開がなんとなく身に付く

なんていう効用があると考えています。

なぜこんなことを言うかというと、教えていると、「それって、
英語の問題じゃなくて、そもそも日本語の問題じゃないか?」と
思うようなコトが起きるからです。

よくあるのは、テストの問題の読み違え。
急いでいて問題を読み違え、問題と一致しない答えを書いてしまう。

テストの点から言えば、もったいない、という話になりますし、
日本語で毎日生活しているのだから、日本語を正確に読めるという
のは、勉強を引き合いに出すまでもなく大事、ですよね。

教科書を読んでテスト勉強すれば国語ができるようになる、
というのは、発想が逆でしょう。しかも、私たちは日本語で
英語を学んでいます。だから、日本語(=国語)を理解する力は
英語を学ぶ土台とも言えます。

本当は効用なんて考えず、「続きはどうなっているかな」と
思って本を読んだり、パラッと新聞をめくって驚いたりするのが
いいと思うんです。

本は生きる力を与えてくれますし!

塾ではこんなヒントも投げかけています。
100球投げて、2、3球打ち返してくれば御の字、かな。

"Thank you for the Kizuna"のメッセージ

東北北関東大震災から1か月が経ちました。
大規模地震と言ってもいいほどの余震が続くなか、
日本から世界への感謝のメッセージが各国の
新聞に広告として掲載されました。

以下はAFP通信が報道した英語版の広告の内容。
(出典: AFP, Terra Daily

絆 Kizuna~the bonds of friendship

One month has passed since an earthquake
of unprecedented scale struck Japan, taking thousands
of precious lives. Even today, evacuation shelters are
still the only refuge for more than 150,000 people.

In the tsunami-devastated regions there was no food,
no water,no electricity and the survivors had no
communications. At that desperate time people from
around the world ralliedto our side bringing hope
and inspiring courage.

Every blanket and every cup of hot soup brought warmth
and strength to the cold and exhausted who had
lost everything.Rescue teams heroically searched for
survivors in the heaps of broken rubble, while medical
teams worked tirelessly caring for the injured.

We are still receiving a tremendous outpouring
of encouragement, prayers and support from people worldwide.
We deeply appreciate the Kizuna our friends around the world
have shown and I want tothank every nation, entity,
and you personally, from the bottom of my heart.

Reconstruction has already begun and we are putting
every effort into stabilising the situation at the Fukushima
Daiichi Nuclear Power Plant.

Through our own efforts and with the help of
the global community, Japan will recover and come back
even stronger. We will then repayyou for your generous aid.

With this in our hearts, we now stand together dedicated
to rebuilding the nation.

As our feelings of deep gratitude to you grow into
feelings of hope,we, the people of Japan, express
our sincere thanks to you all.


Naoto Kan

Prime Minister of Japan.

A Friend In Need Is A Friend Indeed.

「どんな紙面なの?」と思った方は画像をどうぞ。
こちら(Japan Probe)

被災地も原発も地震も落ち着いていくことを祈るばかりです。

自分自身が祈りにこれほど助けられたことはないと思う。

まさに「呼吸の本」&考古学者のお言葉

読みたいと思っていた本を読み始めました。

呼吸の本

「呼吸の本」

著者  加藤俊朗、谷川俊太郎
発行  サンガ

詩人の谷川俊太郎さんに呼吸について教えているのが
加藤敏郎さん、と本に書いてありました。呼吸の関する
質問に加藤さんが答える一問一答形式で話が進みます。

でも、方法論だけではなんです。

「自転車に乗れない人が、自転車に乗ろうと思ったら、
まずやることは自転車にまたがることですよね。頭で
いくら考えても乗れませんよね。そして最初は、転びます。
誰でも転ぶんです。転びながらだんだん自転車に慣れて
くるんです。自然とです。

早く慣れる人、慣れるまで時間がかかる人、いろいろですが、
あきらめないでつづければ、だれでもやがて自転車に慣れて
乗れるようになるでしょ。一度乗れば、あとはずっといくつに
なっても乗れますよね。」

これは、意識を集中する方法について説明したところに
出てくるたとえ話。たぶん、これってなんにでもあてはまる。

そして、11月6日(土)の日本経済新聞夕刊
「シニア記者がつくるこころのページ」より

「世界標準の考古学 大村幸弘さんに聞く」

トルコで考古学者として発掘をしている大村氏は
財団法人中東文化センター付属アナトリア考古学
研究所長→研究所のサイトはこちら

「毎日同じペースで発掘して記録をつける。その繰り返し
です。ただし、その日のうちに記録をつけなければ
いけない。今日書かずに翌日書くようなことはしないように
言っています。一日でも過ぎてしまえば、記憶はあいまいに
ないrます。考古学研究は誠実じゃないとだめ。普段の
生活をごまかすな、と口を酸っぱくして言っています」

「大勢に外国人と英語で議論するので、外国語も議論も
不慣れな日本人は頭がおかしくなるほどのパニックに陥り
ます。でも、それなりに切り抜けられたら肩をたたいて
ほめる。そんな瞬間を体験すると、その人は伸びます」

呼吸も仕事も日々のことをしっかり、ということだそうです。
がんばりましょ!

静岡県伊豆の国市、三島市で英語塾を開いています
 (ブログ内の関連ページにリンクしています。
  指導方法は変更する場合があります。)

お問い合わせはこのページの左上の「メール送信」から
お願いします。お気軽にどうぞ。

「自分はどうするか」という視点で考える~英語公用語

少し前、たまりにたまっていた資料整理をしていたら、
「英語公用語」についての新聞記事の切抜きが
いくつか出てきたので、まとめて読みました。

まず、公用語採用派・支持派の記事は、
●「楽天、英語で決算発表」
  楽天社長 三木谷浩史氏
  朝日新聞 2010年8月6日
●「英語公用語にするわけ」
  ファーストリテイリング会長兼社長
  柳井正氏
  朝日新聞 2010年7月3日
  「柳井正の希望を持とう」コラム
●「経営陣の英断に拍手」
  朝日新聞 2010年7月24日
  元モルガン銀行東京支店長 藤巻健史氏
  「やっぱりフジマキに聞け」

反対派・慎重派の記事は、
■「英語の社内公用語
  思考及ばず、情報格差も」
  大阪大学大学院言語文化研究科教授 成田一氏
  朝日新聞 「私の視点」 日付はメモしわすれた
■「英語はそれほど重要なのか」
  ニューヨーク大学名誉教授 佐藤隆三氏
  静岡新聞 「論壇」

ここでは朝日新聞の記事が多いので、偏りがあります。
が、ともかく手元にある記事を頼りに考えます。
あとで他のメディアもチェックすることにしましょう。

さて、世の中、このように賛否両論あるわけです。

賛成派は、「世界を相手に商売をする会社の一部が、
厳しい競争を生き残るための一つの手段として社内言語
に英語を採用し始めている」というもの。

しかし、「論壇」の佐藤氏によると、ホンダはこの流れに
「やや懐疑的」だそうなので、「一部」の動きなのでしょう。

一方、大学の先生、つまり学生を教える側は比較的
反対なのかなという印象です。記事のサンプル数が少ない
ので、なんともいえませんが、言語学習や思考力という
観点から問題を指摘しています。

ここから先こそ私がいいたいこと。
「自分はどうするか?」を考えましょう、ということです。

「英語なんてやりたくないから反対」「世界は一つ!だから
賛成」など、反射的に感想を言い合うだけでなく、
「で、自分はどうするか?」まで一歩深く考える。

「将来必要になる(かもしれない)から英語だけは
やっておいたほうがいい」という言葉をよく耳にします。
言う側の気持ちはよくわかる。多分、年長者が年少者
に向けて言う言葉です。しかも正論。

しかし!大切なのは勉強する立場の人間、つまり年少者が
自ら考えて、自分の立ち位置を決めることです。世の中、
こんな動きがあるけれど、自分としてはやりたくない、
英語より他に貴重な時間を費やしたいことがある、いや、
ぜひ挑戦できるよう準備したい、などひとまず結論を出す。

もちろん、のちに再考して立ち位置を修正するのもOKです。
むしろそうしたほうがいい。社内に限らず英語で議論
するまでの力をつけるにはそれなりの時間と労力が必要なのです。

私は、「勉強としては中学校の基礎的な英語はきっちり
やっておこう。それ以上に興味がある場合は、プラスアルファの
トレーニングをするのもいいでしょう」という考え方です。

「英語はできてあたりまえ」の風潮は今後、より一層強まって
いくでしょう。これは善悪の問題ではないのです。
善悪なら善を選べばいい。でも、そうではないのです。

「自分はどうするか?」という視点はこういうことについても大事、
というお話。まとまりが悪い記事になった、ということは、
思考が十分ではなかった、という証拠だな、と思いつつ。

「英語支配」は私も怖い

Rimg1992

7月のある日の夕焼け空。
とにかく今日も暑かった。

英語を教えたり、翻訳の仕事をやっていて思うのは、
日本の英語熱はすでに過熱状態にあるということ。

教材しかり、学習塾しかり、英会話しかり。
しかも「手軽に、優しく、楽(らく)して」という考え方が主流。

私個人は、リスニングや会話の練習も大事だけれど、
文法を勉強するのが英語学習の近道=王道と思っています。
学校で文法の扱いが減っているなら自分でやるベし。

たぶん、「もっと簡単に英語ができるようになる方法があるに
ちがいない!」「文法抜きで英語が話せる方法は?」と
夢の学習法を求めてさまよう人が多いのでは?

キッパリいいますが、そんなものはありません!
(何様?感アリアリですが、大事なのではっきりさせときます。)
というより、あったら教えて!

なんて思っていると、朝日新聞朝刊(9月3日)に1ページを
丸々使ったインタビュー記事発見。話をしているのは、
社会言語学者で筑波大学教授の津田幸男氏。タイトルは、

「『幸せな奴隷』になってはいけない
  気づけば、日本語が駆逐され周りが英語だらけ、でもいいのか。」

津田先生は「英語が得意だとかっこいい、世界中の人と
コミュニケーションができる」という英語に対する明るい憧れを
「英語信仰」と呼び、英語には恐ろしい面もあるとしています。

英語が強い力を持ちすぎていること、英語ができるできないで
格差が生まれていること、などなど。
ファーストリテイリング(ユニクロ)や楽天が英語を社内公用語に
することについても議論しています。

私は津田先生のご意見に基本的に賛成です。
英語に関心がある人には必読の記事。
朝日新聞のサイトにはアップされていないので、図書館でどうぞ。

英語を学ぶっていうことは、英語の考え方を学ぶということ。
学ぶこと自体の意味は中立的であっても、「学んだものA」と
「知らないものB」が並んだとき、おそらく多くの人は
「学んだものA]を選ぶでしょうね。たとえば、英語 VS ロシア語。

そして、英語のドラマ、映画を見れば見るほど、その文化に
魅かれていく。そんな風にして日本は親米、親英、親英語圏に
なっていたんだろうと思う。だからこそ、塾で英語を教える際の
教材は慎重に選び、慎重に使うようにしています。

英語や英語圏への憧れを煽るのが英語指導ではないから。

津田先生もおっしゃっていますが、やはり最優先は日本語。
言葉の感覚は母国語でしっかりと身につけることが第一だと
塾で教えていてもひしひしと感じます。

まずは日本語、それも国語のテスト問題を解くというレベル
ではなく、宿題としてでもなく、本を読むこと。常識的なところに
話は落ち着くのですが、だからこそ常識なのかも。

しかし、受験、就職という英語の需要を生む素地があれば
英語熱は続く。教わる側も、教える側も頭の使いどころですぞ。

口蹄疫のニュースで読むべきは社会面

口蹄疫のニュースに胸が痛む。

ここ最近、飼っている牛や豚を殺処分しなければ
ならない農家の方々や獣医さんの苦しみを
新聞の社会面でよく読んでいる。

読んでいるだけで涙が出ます。殺処分されなければ
ならない牛や豚の様子。大切に面倒を見てきた農家の方。
殺処分をしなければならない獣医さん。

重苦しいニュースだけれど、大切なことだと思い読んでいます。
人間は動物だろうと植物だろうと他の生き物の命をもらって
生きている。その重みを私は十分わかっているだろうか。

食べること、食べ物について改めて考える時代が
来ていると思います。

政府の発表や数字だけではわからない現実を
知る一つの方法は社会面を読むこと。

折りしも今日、新聞協会が実施した調査の結果が
新聞に出ていた。それによると、回答者の91.3%が
新聞を読むとのこと。(朝日新聞)日常生活における新聞
の重要性は変わっていないヨ!との結論のようですが、
なかなか新聞も大変な時代です。

新聞もiPadで、なんていう時代が来ていますが、
大学生の頃から新聞の切り抜きを続けている私は
2次元の新聞をどうあつかったらいいんでしょうね。

批判と批評とどくだみの花

庭でどくだみの花が元気よく咲いています。

Rimg1950

先日、いつもの喫茶店に行ったらどくだみの花が
一輪、小さな花瓶に飾ってあってとてもステキ。
私にとってどくだみは「乾燥したものを煮出して飲むまずい薬」
でしかないので、花を飾るなんて思ってもみなかったよ…

ちなみに、乾燥どくだみを煎じて飲んでいた祖母は長命でした。
どくだみのおかげかどうかは不明。

さて、首相が明日交代するということで、テレビも新聞も
前(現?)首相批判と新首相の分析でにぎやかです。

が、なんだかあまり見たり読んだりしたくない。

小泉政権以降、まさに毎年首相が代わって、
そのたびに、退陣間近の首相が酷評され、新首相(と
その奥さん)が祭り上げられ、その新首相も数ヶ月後には
酷評され退陣する…というサイクルにもう嫌気がさしているから。

政治が妙な方向に進まないように批判するのは大事ですが、
批判ばかり聞くのはつらい、と思っていたらいい記事を見つけました。

「どうすれば作品が良くなるのかの予言をいい当ててこそ
尊い真の批評で、この批評こそ創作につながる」
    ~磯田道史のこの人、その言葉 (朝日新聞"be" 6月5日)より

松田権六(まつだごんろく、1896~1986)さんという
近代漆芸の名工がかたった言葉だそうです。

ほめてばかりでも、けなすばかりでもだめということ。
批判ではなく批評となるように物事を語るには、見識が必要。
見識を持つには自己鍛錬が必要だろう。

「人間誰しも心掛け一つで、最初は僅かな自己訓練から
始まり、その自力で発足させたものが続けるうちに習慣と
なり、その積み重ねがやがて驚くほど大きな成果をもたらす
ことになる」

松田氏はこんな言葉も残しているそう。
まずは自分がしっかりしよう。ぐだぐだしていますので。

こんな日が来るなんて…

と言っても、インターネットが隆盛、
紙の新聞は斜陽です、というお話。
本も端末で読む時代が来てるんですもんねえ、
当然かもしれません。

でも、新聞好きには寂しい話です。

クローズアップ現代で
今日、「変わる巨大メディア・新聞」
特集していまして、アメリカでは
新聞は広告に収入の多くを依存しているため、
景気の悪化とインターネットの普及を背景に
地方紙(といっても、アメリカは地方紙ばかり
ですけれど)が次々と廃刊しているそうで。

The New York Times(ニューヨークタイムズ)でさえ
大規模なリストラを敢行せざるをえず、去っていった
人たちでにぎわっていただろうと思われるオフィスが
がらんとしているのが印象的でした。

それと関連しているかしていないのか、
最近、世の中、定型化、定番化、フォーマット化が
進んでいるような気がしています。

成功を保証するパッケージとでもいいましょうか。

レンタルビデオショップに行ったら、
「昔の曲のコンピレーションアルバムだから
借りて失敗はありません」的な広告があってびっくり。

音楽とかファッションって、聞く方も着る方も
失敗を覚悟の上でチャレンジするからかっこいいんだと
思いますが。それをショップが勧めるのも
景気が悪いからなんでしょうねえ。

とまあ、景気の悪い話が続きましたが、
今日のいいことは、クリスマスからまだ
食べ続けているシュトーレンがまだ残っていて
今日も一切れ食べたこと。

寒いニューヨークを歩く女たち

寒い寒いとつい言ってしまいますが、
ここは伊豆。バケツの水にうっすらと
氷が張る程度の寒さです。

The New York Times にも
ビデオ記事があることに気づきました。
寒いニューヨークの町を
女性たちがぶ厚いコートを着て
歩く姿を紹介しているビデオを発見。

On The Street: Coated
by The New York Times

ファッション雑誌を見るような、
旅行番組を見るような楽しさです。

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30