無料ブログはココログ

blogram

  • blogram投票ボタン

リンク集

  • 東北復興支援
    kibou
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

やっぱり人の子

「人間、自分が一番かわいいのよ。
なんでも自分のためにやるのが一番」と
いっていた友人A。いい意味で自己中心的な
人間です。ホントにいい意味で。

そんなAですが、先日、「いろいろ頑張った
けれど、通じないのよね」と言ってました。
へこむようなことがあったらしいです。

え、自分のためにやってるんだから人の理解なんて
いらないじゃん、と一瞬思いましたが、
ぐっと飲み込みました。言ったら鬼かなと思って。

やりたいことをやりたいようにやっているAだから、
人にわかってもらいたいなんて思わないんだろうと
私も思いこんでいましたが、やっぱりAも人の子。

すっかり割り切っているように振舞う人でも
いつもいつも心の中まで割り切れているわけでは
ないんですね、当たり前かもしれないけど。

人間くさくてよろしい、と思いました。

さて、今日のヨガのレッスンでは、
行ったほうがいいこととして「タパス」(=苦行)について
教えてもらいました。苦行は成長につながるとのこと。

英語のページを検索したら、
"A yoga student has to practice tapas. He or she
is not a yoga student if he does not each day
practice tapas." (ヨガを学ぶ人間はタパスを実行
しなければなりません。毎日タパスを実行しない人は
ヨガを学ぶ人間ではありません)と厳しいことが
書いてありました。そ、そうなんですか、すみません…
healthandyoga.comより)

なるべく毎日苦行に相当するものをするように
していますが、毎日できているとはいいがたいし、
そもそも苦行なのかもとてもあやしいです。怠けものの
人間性が勝るときもあり、やっぱり人の子。

いやいや、そこでがんばるのが人の子?
どっちが正解かわかりませんが、とにかく毎日続ける
心意気で今年もがんばります。

ヨガ、塩浴

週に1度、ヨガのレッスンに行っていて、
これがとてもよいのです。パソコンを長時間使うと
背中が張るのですが、ヨガをすると背中が緩みます。

ヨガのレッスンでは、先生がヨガにまつわる
お話をしてくださるのですが、これがまた興味深い。

ヨガでは、ヤマ(禁戎)と呼ばれる「してはいけないこと」が
5つあるそうで、今日のお題はその5つめの
アパリグラハ(執着しないこと、不貪)でした。

自分でも心あたりがあるテーマだったので、
帰りの電車で本を読みつつ、いろいろ考えました。
ヨガの最中は集中しないとポーズを維持できないので、
考えている暇はないのです。

お世話になっているのは
The Padoma Yoga Salon
これからもお世話になります。

さて、最近、お友だちに教わって
塩浴なるものをしています。要は石けんや
シャンプーの代わりに塩を使うというもの。
浴槽に塩を入れるわけではありません。

始めてから1ヶ月弱が経ちましたが、
快適です。始めの1週間ほどは頭皮の油分が
気になりましたが、今は問題なしです。

肌が弱いので「刺激の少ないもの」「自然に
近いもの」という基準でシャンプーやら化粧品を
探してきましたが、本(その名も「自然塩浴読本」)に
よりますと塩だけで十分だそうなので、
しばらく続けることにします。

塩であれば水質を汚染しなくてすみそうですし。
化学的なことは一切わからないので、
自分で検証できないのが残念ですが。

ヨガにしろ、塩浴にしろ、自分にとって何がいいのか、
何が必要かはやってみなければわからない、と
つくづく思った水曜日の夜でした。

考えと言葉と行動

アメリカはマサチューセッツ州で起きた
逮捕劇を巡ってオバマ大統領が発言、
波紋が広がっています。

"I think it’s fair to say ... the Cambridge police
acted stupidly in arresting somebody when
there was already proof that they were
in their own home;

"Obama Criticizes Arrest of HavardProfessor"
by Helene Cooper

July 22, 2009
The New York Times

「そこが自分の家だという証明している人間を
逮捕するなんて(マサチューセッツ州の)
ケンブリッジ警察の行動は愚かだったと言って
差し支えないと思う」

ハーバード大学の黒人教授が自宅のドアを
こじ開けたところ、不法侵入と間違われ
警察に逮捕されたことが騒ぎの発端です。

警察に4時間も拘束された教授は「身分証を
見せて、ここは自宅だといったのに逮捕された」
と怒り心頭。一方、警察は教授が「自分は黒人
だから逮捕された」などと騒いだために逮捕した
と主張しています。

オバマ大統領が上記のように発言して、人種
差別問題にも言及したため、警察側が反発、
全国ニュースになりました。結局、「(逮捕した)
警官を中傷するつもりはなかった」と新たに
コメントを発表して事態を収拾しようとしています。

複雑。

教授、警官、大統領。きっと誰にも悪気はない
(とあえて断言)。しかし、米国には確かに
人種差別の歴史があり、差別するしないに
かかわらず、「黒人」と「差別」の2つの言葉はセット
になっている。意識は簡単には変わらない。

この3人がホワイトハウスでビールを飲んで
和解する、というアイデアがあるそうですが、
溝が広がることがないことを祈るばかりです。

このニュースを読んでつらつらと考えました。

話はちょっとずれますけれど、
考えと言葉と行動を一致させることは
なかなか難しいものだと。

やっちゃいけないと頭でわかっていることでも
なんとなくやってしまったり。やりたいと言いつつ
やらなかったり。

誰にも頼まれていないのに
こんなことをつらつらと考えている迷える
子羊(=私)はまた本を買ってしまいました。

『こころのヨーガ』

こころのヨーガ

著者   赤根 彰子
発行   アノニマ・スタジオ

考えることと実践は同じくらい大切とみました。

Cats' Day

あまりにも要領が悪く、泣けてくるような
日々を過ごすなか、ヨガのワークショップに出かけてすっきり。

ヨガを実践すれば要領がよくなる、ということでは
ないのですが、「一瞬一瞬に集中し、過去を
あーだ、こーだと振り返らない」ようにすれば
集中力が増し、テキパキと動けるようになるかもしれない。

自分で自分に言い訳してもしかたがないしねえ。
よし、がんばろ。

ところで。

雨の中、ネコが横断歩道を…

Rimg1128














と思いきや、

Rimg1129














オブジェでした。なかなかしゃれてます。

沼津市はスルガ銀行本店近くの交差点で
見ることができます。

そして、帰り道にもネコが…

Rimg1134














こちらは沼津市郊外で見かけた素敵な看板。
でも、お店じゃありません。

「ネコは毛皮のコートを着た妖精です」だそうです。

なるほど。ネコの日でした。

Pirateと言われても…

「パイレーツ」

それはわたしにとって、
「意味がわからないけれどよく聞く言葉の代表格」
でした。

「波乗りパイレーツ」という歌をピンクレディーが歌っていたし、
最近で言えば、「パイレーツ・オブ・カリビアン」
という映画がありましたねえ。

前者のたとえは古すぎるか…

後者は映画の内容から「カリブの海賊」ということが
わかりますけれど、「波乗りパイレーツ」とか女性お笑いコンビの
「パイレーツ」という使われ方からして、海賊とは思わないでしょ。

しかもつづりは pirate。
「ピラテ」でしょ?と思いましたよ、最初は。

pirate が「パイレーツ」のことだと知ったときの驚きといったら!
子どものころ近所で飼われていた秋田犬にほんの
ちょっとじゃれつかれだけで、着ていた制服のボタンが
全部取れてしまったときと同じくらい驚きました。

かえって分かりにくいでしょうか。

正式な発音はこちらでどうぞ→MSN encarta dictionary

そして今ではニュースで「海賊」という言葉をよく
耳にします。自衛隊の護衛艦が海賊対策で
ソマリア沖に派遣されていますし、国会では
海賊対処法案が議論されています。

英語の記事はこちらから→CNN

キーワードは、
piracy   海賊行為
Self-Defense Force  自衛隊
constitution   憲法
diet   国会
Coast Guard  海上保安庁

「pirate = パイレーツ =海賊」
もう覚えましたよね。

<YOGA>

わたしのお気に入りヨガサイトをご紹介。

ISHTA YOGA→The Padoma Yoga Salon (三島、沼津)
HATHA YOGA→ (修善寺など)
沼津のワークショップでお世話になりました
   →LiLA Yoga (東京)
こちらは見るだけ→Santosima Kaori

教わるから続けられると思う。

ネコが好きな人に

『月へミルクをとりにいったねこ』

月へミルクをとりにいったねこ (日本傑作絵本シリーズ)

作   アルフレッド・スメードベルイ
訳   菱木晃子
絵   垂石眞子
発行  福音館書店

どうしたら4匹の子ネコにのませるうしのミルクを
手に入れられるかしらと、おかあさんネコは頭を悩ませます。

いぬ 「こんばんは、ねこさん。なにか しんぱいごとでも?」
ねこ 「ええ、ミルクがなくて こまっているの。あたしの
    こねこたちときたら、すっかりやせて、けも ぱさぱさに
    なってしまって、かわいそうで みてられないわ」
いぬ 「それなら、いいことを おしえてあげよう。ミルクが
    もらえる ところをね」
ねこ 「ほんとう?」

月にあるというミルクをとりに行こう!
仲間たちをしたがえてお母さんネコは出発します。

作者はスウェーデンの児童文学者で、作品は1908年に
書かれたもの。100年も前のものなのに、古くないのは
古今東西、母の愛は変わらないからか。

あらすじは書きませんが、いいお話です。
日本の昔話を思い起こさせる展開もあります。

なにより、表紙の絵がかわいらしい。
ネコが好きな人と動物の物語が好きな人に
おすすめの一冊。

<今日のひとこと>

「ヨガは人生の役に立つ。
 人生は姿勢の連続だから」

ヨガのワークショップで先生が言ったひとこと。
姿勢は体のことでもあり、気持ちのことでもある、と
受け取りました。本当はどうなんだろう。

気質など

昨日感想を書いた『ヨーガの哲学』の中に
体質の話が出てきて、興味深く読んだところ。

「インド医学は人間の身体を三つの生理的原理に
よって説明する。その三つとは、体内をかけめぐる
エネルギーである『風(ヴァータ)』、熱を放射する
『胆汁(ピッタ)』、および流動性の原理である
『粘液(カッパ)』である。これら三つが調和していると、
人間は健康であり、不調和になると病気になると
考えられている。第三の原理である『粘液』が、
ほかの原理よりもきわだって勢力のある人は
粘液体質となるが、この体質はヨーガのめざす
『気(プラーナ)』の流れをさまたげるといわれる。」

『ヨーガの哲学』
著者    立川武蔵
発行    講談社(現代新書)
発行年   1988年11月20日

以前、ヨガの先生からこの三つの原理を教えてもらった
ので、ほうほう、と読み進める。ヨガ特有の浄化法に
ついての記述があり、その一つは粘液体質の人に
布を飲み込んでは取り出すことをすすめている。
それを行うことで「粘液性過剰から生ずる病気がなくなる、
といわれている」そうだが、なかなかガッツのいる
浄化法だと思う。気の弱い私は指導者がいても
実践できなそう。

そこから、以前、気質についての記述を読んだことを
思い出し、検索する。シュタイナー教育では
人間の気質を4つに分類しているそうです。

以前からたまに見ていたブログ(「森へ行こう」)
詳しい解説を発見。私は憂鬱質が強い
ようですが、他の三つの要素もある。

どうやら気質は血液型のように
固定的なものではないようです。

シュタイナーの分類でも、
ヨガの分類でも、
季節や人生の時期によって、
気質や体質が変わるとのこと。
なかなか興味深い発見でした。

<今日の経済>

日経平均(終値)             7,229.72
為替レート(対ドル、午後5時)     97.75-77円

出典:    日経ネット 日本銀行


ヨガではなくヨーガというそうで…

『ヨーガの哲学』

著者    立川武蔵
発行    講談社(現代新書)
発行年   1988年11月20日

「『気』は心のはたらきのエネルギーであり、
『生きている』という実感の源でもある。
身体のなかでは血がめぐり、空気が出入し、
神経系統が反応している。このように
身体では一瞬の休みもなくエネルギーの
流動がある。このエネルギーがいったい
何であるか不明であるが、ともかく
生きもののみに許された波動の存在する
ことはたしかである。循環器系統、神経系統、
消火器系系統などのシステムのなか、
呼吸器系統が人間の自由意志によって、
そのはたらきをもっとも変化させることの
できるものだ。このことが坐法のあとに
調気がおかれていることの一つの理由であろう。」

ヨガの本を読んでみようと思い立って
今とりくんでいる最中。インド学の専門家が
ヨーガの思想を解説している。

著者によると、「ヨガ」ではなく「ヨーガ」だそうで、
「ヨーガは哲学を拒んできた宗教実践の方法」
(「あとがき」より)なので、『ヨーガの哲学』という
タイトル自体が自己矛盾に感じられた、
著者はつづっています。

わかったような、わからないような。

血流や心臓の鼓動は人の意思で
動かすことはできないけれど、
呼吸は調整できる、と以前よく言われました。

誰に言われたか忘れちゃったけど。

インドの思想もヨガの思想も
そんなに簡単に理解できそうにありません。
習うより慣れろなんでしょうか。

<今日のひとこと>

1.人は腑に落ちないとやる気が生まれない。
2.他人との違いを探そうとせず、
  共通点を見つけること。人は元来、個性的
  だから、違って当たり前。

今日改めて思ったこと。

<今日の経済>

日経平均(終値)             7,280.15
為替レート(対ドル、午後5時)     97.24-27円

出典:    日経ネット 日本銀行

「砂漠に水」とヨガ

「会社という砂漠がオアシスに変わる100滴」

会社という砂漠がオアシスに変わる100滴

著者  杉山弘道
発行  ゴマブックス

「起きてしまったことすべてを
受け止めることこそ、本当の正解である。」

(「生きている間に失敗などない」より)

社長専属コンサルタント、杉山氏の
メールマガジン「砂漠に水」から生まれたのがこの本。

サイトはこちら

ビジネスエッセイと区分けされているが、
読むと、人生を考えさせられたり、ジーンときたりする。
会社勤めじゃなくても、社長じゃなくても
十分に楽しめる一冊。

今日のヨガのレッスンで
先生から「執着を手放す」ことについて話を聞き、
この本を思い出した。

普段、何事についても「好き」「嫌い」、
「良い」「悪い」の判断をしてしまうけれど、
それにこだわると事の本質を見失う。

起きてしまったこと自体に意味はなく、
どう解釈するかは人それぞれ。

まずは起きてしまったこと(まあ、通常良くないことですよね)を
受け止めましょう、と。よく言われることだけれど、
今日は腑に落ちた。

いろいろ人と話すといろいろなことが
記憶から引き出されたり、記憶と考えが
化学反応を起こしたりする。

面白い。

<今日のおいしいもの>

おいしいものが家にやってきました。

Rimg0484















小梅堂 「きび餅」
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上483

優しい上品な甘さのお餅です。

<今日の経済>

日経平均(終値)             7,534.44
為替レート(対ドル、午後5時)     92.58-60円

出典:    日経ネット  日本銀行

昨日、陰ヨガ(Yin Yoga)というスタイルのヨガを
初めて体験しました。陰陽の陰、です。

体の内側に静かに、ゆったりと働きかけるヨガ、
とでも言えばいいでしょうか。
ヨガに触発された考えをいくつか。

1)気持ちがざわめいたとき、それを無視すると
  ざわめきはもっと大きくなる。
2)ざわめきをかき消すことに意識が向くと、
  集中力が低下する。
3)逆に、ざわめきの源に意識を向けて
  中立的な見方で観察すると、消化できる。
  (自分を批判・叱咤激励しても不満が残るだけ。)

あたりまえのことかもしれませんが、
目からうろこが落ちました。

ともあれ、人と自分は違うんだから、
自分の感覚をまず信じましょうよ、というお話。

Yin Yoga の説明(wikipedia)はこちら

<今日の経済>

日経平均(終値)             7,750.17
為替レート(対ドル、午後5時)     91.56-58円

出典:    日経ネット  日本銀行

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30